ヒュンダイの1~3月営業利益が91.8%増加…半導体不足には懸念

企業

ヒュンダイの1~3月営業利益が91.8%増加…半導体不足には懸念

ヒュンダイ自動車が今年第1四半期(1~3月)の実績を発表した。ツーソン、GV70など新車販売が好調を示し、インド、中南米などの新興市場での迅速な販売回復に支えられ、売上高と営業利益ともに増えた。
 
(参考記事:「ヒュンダイ、全個体電池を2030年に量産化へ」)
 
ヒュンダイ自動車は22日、2021年第1四半期の経営実績発表を行い、IFRS連結基準で100万281台の販売を記録したと明らかにした。

国内(韓国)市場では、産業の需要回復とともにツーソン、GV70等の新車販売が好調で、前年同期比16.6%増となる18万5413台が販売された。海外市場では、コロナ19の影響による欧州など一部の市場での販売減少にもかかわらず、インド、中南米など新興市場の販売回復により前年同期比9.5%増の81万4868台が販売された。

売上高は27兆3909億ウォン(約2.6兆円)で、前年同期比8.2%増加した。自動車が21兆7000億ウォン、金融およびその他が5兆6909億ウォンだった。営業利益は1兆6566億ウォン(約1600億円)となり、91.8%増加した。経常利益は2兆463億ウォン、当期純利益は1兆5222億ウォン(非支配持分を含む)となった。

第1四半期の営業利益率は前年同期比2.6%p上昇となる6.0%だった。売上高原価率はウォン高にもかかわらず、世界的な卸売販売の増加と製品ミックスの改善効果が持続され、前年同期比1.6%ポイント低下の81.6%を示し、営業部門のコストは、全社コスト削減努力が続いて前年同期比0.6%減の3兆3800億ウォンを記録した。

ヒュンダイ自動車の関係者は、「販売は昨年コロナ19のベース効果と主要国の販売回復の影響で、前年同期比増加した」とし、「営業利益は非友好的な為替レートの影響にもかかわらず、販売量の増加と販売ミックスの改善に回復が続いた」と説明した。

同関係者は、「第1四半期はジェネシスとSUVなどの高付加価値製品の販売比率が前年同期比で拡大され、収益性の改善につながった」と説明した。

続いて「各国政府の景気刺激策の拡大とコロナ19以降の反動で、グローバル主要市場の自動車需要が回復傾向を見せている」とし、「ただ世界の半導体の供給不足の影響が悪化すると予想され、いくつかの車種の生産に支障が発生することが懸念する」と述べた。

世界の自動車用半導体の供給不足と関連しては、Δ代替素子発掘推進Δ年間発注を通じた先制的在庫確保Δ柔軟な生産計画の調整などを通じて生産に支障最小化に注力する計画である。ただし、第2四半期から半導体供給不足による生産支障が避けられないと懸念している。
 
(参考記事:「ヒュンダイが火災相次ぐEVモデルの販売終了か…韓国以外では継続?」)
(参考記事:「ヒュンダイ、BTSとのコラボ映像公開…水素車などエコ演出(映像あり)」)
(参考記事:「ヒュンダイ「ジェネシス」のEVモデル発表…上海国際モーターショーで」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない