サムスンが「GalaxyM12」発売へ…価格は19,000円

スマホ

サムスンが「GalaxyM12」発売へ…価格は19,000円

サムスン電子が28日、スマートフォンの必須機能のみに集中した廉価版スマホ「GalaxyM12」を韓国で発売する。
 
(参考記事:「サムスンの「Galaxy S21」の販売数が100万台突破…前作より好ペース」)
 
サムスンによると、「GalaxyM12」は90Hzの画面走査率をサポートする165.5mm(6.5型)大画面ディスプレイを搭載。背面には4,800万画素メインカメラ、500万画素超広角カメラ、200万画素深度カメラ、200万画素接写カメラなどクワッドカメラを、前面には800万画素カメラを搭載した。

マイクロパターンのマットな背面デザインを備えた「GalaxyM12」は、5,000mAh大容量バッテリーを搭載し、スマートフォンの様々な機能を一日中充電する心配なく自由に楽しめる。 15Wの高速充電と側面指紋認識で利便性まで高めた。

「GalaxyM12」はブラックカラーのオンライン専用自給制モデルとして発売される。 価格は19万8千ウォン(約1万9千円)と明らかにされた サムスン電子のホームページをはじめ、11番街やクパン、Gマーケットなどのオープンマーケットで購入できる。

サムスン電子は「GalaxyM12」を購入する顧客にプレミアム動画ストリーミングサービス「YouTubeプレミアム」の2カ月無料利用券を提供する。
 
(参考記事:「サムスンがGalaxyを改造した検眼機を途上国で普及…「高価な眼底カメラに劣らない性能」」)
(参考記事:「サムスン、低価格5G「GALAXY A42 5G」を12日発売」)
(参考記事:「LG電子のスマホ撤退で、日中米企業が特許買取を打診か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない