LGが「グラム」のラインナップ拡大…15型など導入

その他

LGが「グラム」のラインナップ拡大…15型など導入

LG電子が同社のノートパソコン「LGグラム(gram)」のラインナップを広げる。

LG電子は来月に、2021年型「LGグラム15」’を発売する。既存の14/16/17型に続き、15型を追加する。

LG電子は、新製品に、先立って披露した16:10のアスペクト比の製品とは異なり、16:9のアスペクト比となる15.6型FHD(1920×1080)IPSディスプレイを搭載した。

「LGグラム15」は、1,120g重量に80ワット時(Wh)大容量バッテリーを搭載。最新のインテル11世代のプロセッサ「タイガーレイク」(Tiger Lake)を適用し、既存の10世代プロセッサに比べ、データ処理速度が約20%速くなった。また、インテルの内蔵グラフィックスプロセッサである「アイリス×2」(Iris Xe)も搭載し、高画質映像処理とゲーム駆動時高速で快適な環境を提供する。

また、LG電子は、今年新たに登場したツーインワン(2in 1)ノートパソコン「グラム360」の14型製品に「オブシディアンブラック」、16型に「クォーツシルバー」色を追加し、カラーラインナップも増やす。去る2月、「グラム360」発売当時、14型は「トパーズグリーン」、16型は「オブシディアンブラック」色を発売している。

LG電子韓国営業本部のキム・ソンヒョンHEマーケティング担当は「今回のラインナップ拡大により、お客様は、本人の使用環境や色などのデザインの好みに応じてLGグラムを購入することができようになった」とし「お客様に様々な選択肢を提供して、コロナ19により成長しているノートPC市場で主導権をさらに強化するだろう」と強調した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない