起亜自動車が1~3月実績発表…売上13.8%↑、営業利益142.2%↑

企業

起亜自動車が1~3月実績発表…売上13.8%↑、営業利益142.2%↑

起亜自動車(KIA)は22日、2021年第1四半期(1~3月)の業績を発表した。
 
(参考記事:「韓国・起亜自動車、新EVモデル「The Kia EV6」を公開」)
 
起亜は、2021年第1四半期に68万9,990台(6.4%↑)を販売し(卸売ベース)、これに伴う経営実績は▲売上高16兆5,817億ウォン(約1兆6070億円)(13.8%↑)▲営業利益1兆764億ウォン(約1040億円)(142.2%↑ )▲経常利益1兆3,193億ウォン(約1310億円)(367.9%↑)▲当期純利益1兆350億ウォン(約1000億円)(289.2%↑)を記録したと発表した。 (IFRS連結基準)

起亜の関係者は、今年の第1四半期の実績と関連して「協力会社の稼働停止に伴う国内光州工場の生産への支障と、一部地域の供給不足による卸売販売の減少、非友好的な為替レートの環境にもかかわらず、コロナ19の影響緩和に伴う需要回復を受け、高収益な新車販売の拡大などの製品ミックス改善により、回復基調が続いている」と述べた。

また、「ソレント・カーニバルなど高収益RV車種の販売好調が継続する中で、新しい準大型セダンK8の販売拡大に集中し、下半期発売予定の起亜初の専用電気自動車EV6の発売を成功させるための事前マーケティング活動を通じて、電気自動車のリーディングブランドとしてのイメージ強化に乗り出すだろう」と述べた。

続いて「世界の半導体の供給不足が悪化することが予想されることによって、第2四半期には、一部車種の供給支障が発生することが懸念されるが、積極的対応により被害が最小限になるように、全社的な努力を注ぐ」と付け加えた。

▶2021年第1四半期(1〜3月)の実績
2021年第1四半期の起亜のグローバル販売は▲国内で前年比11.4%増の13万75台▲海外で前年比5.3%増の55万9,915台▲グローバル市場で前年比6.4%増の68万9,990台を記録した。 (卸売ベース)

国内市場は、一部生産に支障もあったがソレント、カーニバル、K5などの主要新車の販売好調と前年基底の影響で二桁の販売増加率を記録した。

海外市場はソネットの新車効果が本格化しているインドで最も高い成長を記録した中、ほとんどの地域で需要回復による販売増加を達成した。ただし、国内光州工場の稼動中断によるセルトス出荷支障と在庫不足などで、北米と中南米圏域の販売は少しの減少を記録した。

第1四半期の売上高は、非友好的な為替レートの環境(ウォン – ドル為替レート-6.7%)にもかかわらず、高収益RVモデルとソレント、カーニバルなど新車の海外販売本格化で、前年比13.8%増の16兆5,817億ウォン(約1兆6070億円)を達成した。

売上高原価率は販売の増加、製品ミックスの改善による平均販売価格の上昇などで、前年同期比2.0%ポイント低下の82.5%を記録した。

営業利益に関しては、▲国内でソレント、カーニバル、K5など新車中心の販売増加と製品ミックスの改善▲米国市場のテルライドと新型ソレント販売好調▲インドでセルトス、ソネットの販売好調などをもとに、グローバル地域全体の平均販売価格の上昇を達成し、▲インセンティブ縮小と効率的な販売管理費の執行など、全社的なコスト削減努力で収益性を大きく高めた。

特にRV販売比率は前年同期比6.4%ポイント上昇した59.7%で過去最高水準を記録し、収益性の拡大に決定的な役割を果たした。

その結果、第1四半期の営業利益は、前年比142.2%増の1兆764億ウォン(約1043億円)、営業利益率は3.4%ポイント上昇した6.5%を記録した。

▶今後の展望
起亜は今年コロナ19の影響が緩和され、世界的な自動車需要が多少は回復すると予想しながらも、一部市場でのコロナ19再拡散およびグローバル半導体供給不足への懸念が常にあると見て主要市場での販売回復と収益性の強化を推進するとともに、リスク管理に万全を期する予定である。

特にグローバル半導体供給不足の事態と関連して▲代替素子確保推進▲年間発注を通じた先制的在庫の確保▲柔軟な生産計画の調整などを通じて生産への支障を最小限に抑えることができる様努力する計画である。

昨年から続いているコロナ19の影響に加えて世界の半導体供給不足、原材料価格の上昇など厳しい経営環境が予想されるが、主要市場での需要回復を見せているだけに、競争力のある新車と高収益車種の販売に集中して実績改善基調を継続する方針ある。

国内では、RVモデル中心の販売継続とK8の販売拡大を推進し、海外市場でもテルライド、ソレント、セルトスなど高収益RVモデルと新車販売の拡大に注力する計画である。
 
(参考記事:「起亜自動車、米でSUV約15万台をリコール…エンジン交換へ」)
(参考記事:「韓国起亜自動車が「K8」車内デザインを公開」)
(参考記事:「起亜自動車が「プランS」を発表…EVやPBVに大転換へ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない