LG電池搭載・GM「ボルトEV」が追加リコール

EV電池

LG電池搭載・GM「ボルトEV」が追加リコール

昨年、バッテリー火災の危険によりリコールされたGMの電気自動車「ボルトEV」が再びリコールされた。
 
(参考記事:「LG製電池搭載のGM「ボルトEV」の火災リコール受け、米集団訴訟が8件に」)
 
ロイター通信によると、GMは先月29日、ソフトウェアの更新と毀損電池モジュールの交換のために火災の危険がある「ボルトEV」6万8600台を再リコールすると発表した。

GMは5件の火災、2件の負傷事例が発生した昨年11月にLG化学(現LGエナジーソリューション)が韓国梧倉工場で製造した高電圧バッテリーを搭載した2017〜2019年型「ボルトEV」をリコールしている。

当時バッテリーがフル充電、またはほぼフル充電された時に、火災の危険が高くなるという事実が確認したGMは、適切な最終修理が決定されるまで、ソフトウェアによって90%だけ充電されるよう措置した。

GMは今回の追加リコールを通じて、再び100%充電できるになると発表した。

また、問題が発生する可能性を検出するための診断ソフトウェアをすべてボルトEVにインストールし、今後リリースされるGMの電気自動車に標準装備する。

 
(参考記事:「GM「ボルトEV」火災に米で集団訴訟…電池供給の韓国LGに苦境」)
(参考記事:「「ボルトEV」はSW更新で解決に自信…火災リコールめぐるGMとヒュンダイの違い」)
(参考記事:「LGとGMが米に二つ目のEV電池工場設立…生産量はEV計100万台分に」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない