サムスンとエリクソンの5G特許紛争が和解…新クロスライセンス契約締結

通商・特許

サムスンとエリクソンの5G特許紛争が和解…新クロスライセンス契約締結

サムスン電子とスウェーデンの通信機器メーカーのエリクソンが、第4世代(4G)・第5世代(5G)移動通信技術を巡り繰り広げてきた特許紛争を終結することが分かった。
 
(参考記事:「エリクソンがサムスンへの特許侵害訴訟を拡大…再燃する対立」)
 
内外メディアによると、エリクソンは7日(現地時間)、サムスン電子と両社間の特許を共有するクロスライセンス契約を結んだと発表した。契約条件は明らかにされなかったが、今年1月1日から生産される両社のネットワーク機器と携帯電話などにこの契約が適用される予定である。両社は今回の合意を契機とし、米国国際貿易委員会(ITC)と中国武漢裁判所などに提起されたグローバル特許紛争を終結することとした。

サムスン電子とエリクソンは、昨年末から移動通信技術を巡って特許紛争を繰り広げてきた。エリクソンは、サムスン電子が自社4G・5G無線通信技術の特許を侵害したとしてITCに提訴した。通信アンテナ、基地局設備・機器に関する固有技術をサムスン電子が無断で使用したので、サムスン電子製品の米国輸入を防いでほしいとの趣旨だった。サムスン電子もエリクソンが無線通信・半導体の特許を侵害した米国・中国で対抗訴訟を提起し、紛争が拡大していた。
 
(参考記事:「エリクソンが米でサムスンを提訴…特許契約違反で 前回の訴訟ではサムスンが680億円支払う」)
(参考記事:「ファーウェイ、5G特許料をサムスンとアップルに要求へ…当該特許保有数は世界一」)
(参考記事:「フォルクスワーゲンが韓国二社とのEV電池取引を打ち切りか…特許紛争に嫌気?」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない