韓国大統領がサムスン総帥の赦免に言及「半導体産業の競争力を高める必要性あるのは事実」

半導体

韓国大統領がサムスン総帥の赦免に言及「半導体産業の競争力を高める必要性あるのは事実」

韓国のムン・ジェイン大統領は10日、収監中であるイ・ジェヨン=サムスン電子副会長の赦免について言及した。同じく収監中のパク・クネ前大統領とイ・ミョンバク元大統領についても触れた。
 
(参考記事:「韓国法務部が服役中のサムスン総帥に就業制限通知…引退の可能性が浮上」)
 
ムン大統領は10日、大統領府で行われた就任4周年記念特別講演後の質疑応答で、「(赦免は)大統領の権限だが、決して勝手に決める事案ではない」と述べた。

この日、ムン大統領は「前大統領二人が収監中という事実自体が国としては不幸で残念なことである。特にまた、高齢であり健康にも良くないとだから、なおさら残念な気持ち」であると語った。

また「国民統合に与える影響も考える一方で、司法の正義、公平性、国民の共感も考えながら判断していく」と説明した。

また、イ・ジェヨン副会長の赦免については、「(赦免要望を)多く聞いている」とし、「私たちも、半導体産業の競争力をさらに高めていく必要性があるのは事実」と述べた。同時に、「公平性と過去の先例、国民の共感を考えざるを得ない」と言及した。
 
(参考記事:「懲役判決のサムスン総帥が「獄中経営」を実行か?」)
(参考記事:「文大統領「半導体強国への跳躍を強力に支援する」「EV電池は第2の半導体」 拡大戦略会議で発言」)
(参考記事:「「韓国政府は自国半導体企業の中国への売却を防げ!」大統領府に請願が殺到」)
 
(写真:韓国青瓦台提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない