韓国クムホ、JSRからクムホポリケムの株式50%を146億円で買収

その他

韓国クムホ、JSRからクムホポリケムの株式50%を146億円で買収

韓国のクムホ(クムホ)石油化学が、系列会社であるクムホポリケムの株式50%について、共同出資社である日本のJSRから買収することが分かった。主力事業である合成ゴムのポートフォリオを強化するためである。
 
(参考記事:「韓国ロッテケミカル、昭和電工のアルミ事業を買収か…JSRゴム事業より有力?」)
 
11日、クムホ石油化学は理事会を開き、JSRが保有するクムホポリケムの株式50%の買収を決定したと発表した。買取価格は1510億ウォン(約146億円)だ。これにより、クムホポリケムは7月からクムホ石油化学の100%子会社となる。

クムホポリケムは1985年に、クムホ石油化学と日本合成ゴム(現JSR)が50:50持分出資で設立した合弁会社である。エチレンプロピレンゴム(EPDM)などを生産する合成ゴムの専門企業として、EPDM基準で世界4位の生産能力(220,000 MT / Y)を保有している。 EPDMは、強度と耐候性に優れた高機能性合成ゴムで、自動車バンパー、ウェザーストリップ、洗濯機のチューブゴム、マリンケーブルなどに主に使用される。

韓国メディアによると、クムホ石油化学は、世界のEPDMメーカーが今後、設備の老朽化などにより生産能力の調整に乗り出すことが予想されるなか、自動車など前方産業の回復が可視化される今、持分の買収を通じて競争優位性の確保に乗り出したものとみられている。
 
(参考記事:「SKイノベーション社長「石油化学企業、致命的な脅威直面」…新年の辞で言及」)
(参考記事:「「LG化学の7~9月好実績は石油化学部門のマージン急騰に起因」韓国証券社が推測」)
 
(写真:クムホ石油化学提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない