韓国DIC社、テスラの減速機20万台を追加受注か…計40万台納品可能性

その他

韓国DIC社、テスラの減速機20万台を追加受注か…計40万台納品可能性

韓国のEV減速機メーカーである「DIC」が米テスラから、電気自動車約20万台分の減速機を追加で受注するとの報道が出ている。
 
(参考記事:「サムスンSDI「テスラやVW単独での電池内製化は困難」…Q1電話会議」)
 
12日、韓国のアジアトゥデイ紙は、「最近テスラがDIC側にEV減速機20万台分の追加発注の可能性をほのめかした」とし、「受注が実現すれば、毎年20万台分を供給することにした後に、追加受注が行われるだろう」と報じた。追加受注が実現すればDICは40万台分のEV減速機を供給することになる。

同紙に対しDIC関係者は「米国の消費景気改善で電気自動車の生産量が増加し、受注量も増加する傾向にある」とし「米国某電気自動車メーカーで追加発注意思を映って内部的に検討する段階」であると述べたという。

DICはヒュンダイ自動車などからの受注も好調であり実績が急速に改善している。去る10日に公示された第1四半期(1~3月)の実績によると、4年ぶりに連結基準四半期での黒字に転換した。売上高は、1446億ウォンで、昨年の同じ期間(1245億ウォン)より16.1%増加し、純利益は同期間27億ウォンの赤字から107億8242万ウォンの黒字に収益性が大きく改善した。
 
(参考記事:「ハンコック系列社、テスラと補助バッテリー供給契約を締結…韓国紙報道」)
(参考記事:「韓国クムホタイヤ、米テスラにEV用タイヤを供給か…「テスラはパートナー」」)
(参考記事:「中国BAK社、テスラ指名の4680電池開発成功…来年量産か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない