[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ

半導体 特集

[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ

世界各国で半導体産業の誘致やテコ入れが行われている最中、韓国政府は13日、「総合半導体強国実現」を標榜する「K-半導体戦略」を発表した。以下に内容を掲載する。

この日、サムスン電子の平沢キャンパス第3ライン建設現場で「K-半導体戦略報告」が開かれ、ムン・ジェイン大統領、ムン・スンウク産業通商部長官を含む政府関係者とサムスン電子キム・ギナム副会長、SKハイニクスのパク・ジョンホ副会長などの主要半導体企業の代表者、オ・セジョンソウル大学総長、ギムムファン浦項工科大学総長、イ・グァンヒョンKAIST総長など学界関係者とイ・チャンハン韓国半導体産業協会副会長、ジョン・マンギ韓国自動車産業協会会長、ジョン・ヤンホ韓国産業技術評価管理院長など関連団体長が現場に参加した。

冒頭で挨拶に立ったムン・ジェイン大統領は、「コロナにより非対面・デジタル経済移行が早くなり、Iot、人工知能のような4次産業革命の技術が急速に成長しています」とし、「これによって、世界各国は自国中心のサプライチェーン再編を行おうと熾烈な競争に突入しており、ここで私たちが進むべき方向は明確です」と述べた。

ムン大統領はさらに、「外部からの衝撃に揺れない先制的投資により、国内産業生態系をより強く固め、グローバルサプライチェーンを主導して、この機会を私たちのものとする必要があります」とし、「韓国政府は、半導体強国のための企業と一心同体になります」とし「K-半導体戦略」の方向性について明らかにした。
 

[方向性]

大統領の挨拶の後、第1部として開かれた「K-半導体戦略報告大会」では、産業省(産業通商資源部)のムン・スンウク長官が登壇し、関係省庁合同によるK-半導体戦略を発表した後、関連企業の投資計画が公開された。

第一に、製造面において、最先端のメモリ製造施設の増設・高度化を通じたメモリ「超格差」の維持、ファウンドリ設備の新設や増設の推進を通じた国内の半導体サプライチェーンの安定化計画が紹介された。この計画の一環として、サムスン電子は171兆ウォン(約16.7兆円)を投資して平沢に新しい半導体製造設備を建設すると明らかにし、SKハイニクスは現在の2倍水準となる8インチファウンドリ生産能力を確保することを明らかにした。

第二に、「素部装」(素材・部品・装置)の分野では、龍仁(ヨンイン)半導体クラスターにおける大規模な半導体工場(生産工場)と関連企業の連携により特化団地を造成し、「素部装」分野の競争力強化を実現するという計画が紹介された。政府は「現在の製品が量産されている半導体工場と連携したテストベッドを構築する」と明らかにした。

第三に、先端装備の分野では、韓国には短期の技術の追撃が難しいEUV(極紫外線)露光、先端エッチングと素材分野に関しては外国人投資企業の投資誘致を拡大し、国内の半導体サプライチェーンの弱点を補完する計画が紹介された。このため、政府は「先進的なEUV装置を独占供給するオランダのASML社のトレーニングセンターを誘致して、合計2,400億ウォン(約233億円)を投資して生産能力を2倍に増やすこと」と述べた。

第四に、パッケージングの分野では、さまざまな機能のシングルチップ実装のための先進的なパッケージング生産基地の造成と5大次世代パッケージング技術への投資を通じた先端パッケージングプラットフォームの構築の計画が紹介された。

最後に、ファブレス(半導体設計専門)の分野では、システム半導体設計支援センター、AI半導体イノベーションデザインセンターなどの次世代半導体複合団地を造成するという計画が紹介された。政府は板橋(パンギョ)を韓国型の「ファブレスバレー」として育てるとの意思を明らかにした。

「K-半導体ベルト」と命名された半導体開発特別区域は、主要企業の生産能力の拡張を通じて造成される。サムスン電子のキム・ギナム副会長は平沢ファウンドリにういて、SKハイニクスのパク・ジョンホ副会長は龍仁「素部装」特化団地について、ネペスのジョン・チルフィ会長は先端パッケージングプラットフォームについて、リベリオンのパク・ソンヒョン代表は板橋ファブレスバレーについて紹介した。
 

[税制支援や規制緩和]

第2部では、「半導体の生態系強化のための連帯・協力協約式」が開かれた。議論された内容は、車両用半導体の需要-供給企業と半導体の高度な人材育成のための官民投資、先端装備クラスター投資など半導体の生態系を強化するための業務協約の推進などであった。政府は税制優遇、基盤施設支援などの計画も明らかにした。このため、政府が約束した2030年までの半導体業界の累積的な投資計画は約510兆ウォン(約50兆円)+α規模だ。

半導体企業支援のための政府の具体内容は次のとおりである。

第一に、税制支援として、重要な技術の確保、量産設備の拡充を促進するための「核心戦略技術」(仮称)を新設し、R&D・施設投資税額控除を大幅に強化(2021.後半〜2024年の投資分適用)する。政府は、半導体の商用化前の量産設備投資についても「核心戦略技術」への投資に含み、支援する予定であり、R&Dの最大40〜50%、施設投資の最大10〜20%を控除する。

第二に、金融支援の面では、8インチファウンドリ増設、「素部装」と高度なパッケージング設備投資を支援するために1兆ウォン(約1千億円)+α規模の「半導体などの設備投資特別資金」(優遇金利:1%p減免、ローン期間5年据え置き、 15年分割返済条件)が新設される。その他事業の競争力強化支援資金などの支援規模を最大限に拡大し、様々な金融プログラムも積極的に支援する。

第三に、規制緩和の面では、化学物質、高圧ガス、温室効果ガス、電波応用機器などの半導体製造設備関連規制を合理的に改善する。半導体廃水処理の場合、排水リサイクルのR&Dを政府次元で積極的に支援する。

第四に、基盤構築の面では、半導体産業の重要拠点となる龍仁・平沢など10年分の半導体用水量の確保、重要な戦略的な技術に関連する半導体製造設備の電力インフラ構築時、政府・韓国電力が最大50%の範囲内の共同分担支援などが実施される。
 

[技術や人材確保]

政府は、次世代パワー半導体のSiC、GaNなどの次世代半導体の初期市場の先取りのために、民間需要ベースの早期商用化のR&Dを推進する。 SiC(シリコンカーバイド)、GaN(窒化ガリウム)、Ga2O3(ガリウム酸化物)は、従来のシリコンに比べ高い電力、耐久性と効率性を誇る素材である。次世代パワー半導体、AI半導体、先端センサーなど1兆5000億ウォン以上の新規のR&Dが促進され、10年間で1兆ウォンを支援する次世代のインテリジェント半導体技術の開発に合計2兆5000億ウォン(約2425億円)が投入される。

最近不足が最も深刻な車両用半導体については、中長期的な観点から未来の車主要半導体のサプライチェーンの内在化が推進される。これらの計画の一環として、コア技術の保護のためにM&A審査制度と国家の核心技術に関わる企業のセキュリティ管理も強化される。

また、政府は、長い期間の専門家が指摘した半導体産業人材の不足問題の解決案についても触れた。人材確保のために関連専攻の大学定員を拡大し、学士〜修士・博士、実務教育などへの全サイクルサポートを通じて、10年間(2022年〜2031年)で半導体産業人材3万6,000人を育成する。また、核心材の流出防止のために、長期在職、退職人員の管理システムも強化される。

また、政府は、「半導体特別法の制定と施行について国会や関係省庁と協議して、立法の方向を本格的に議論する」と明らかにした。ここでは、規制の特例、人材育成、基盤施設支援、迅速な投資サポート、R&D加速案などが総合的に考慮される。

産業通商資源部ムン・スンウク長官は、「最近、半導体供給難が深刻化して、半導体をめぐる国際情勢が急変する厳重な時期に対応するため、民・官が力を合わせて、今回のK-半導体戦略を作った」とし「510兆ウォン以上の大規模民間投資に応えて、政府も投資税額控除5倍以上上向き、1兆ウォン規模の半導体などの設備投資特別な資金など全方位支援を惜しまない」と述べた。

続いて、ムン長官は、「韓国が世界的な半導体需要に対応する信頼性の高い半導体供給基地があれば、国際社会と世界経済の発展に貢献し、グローバル半導体サプライチェーンを主導することができる」と述べ、「以上の計画が滞りなく推進されれば、韓国の半導体輸出は2020年に992億ドルから2030年に2,000億ドル以上に増加し、雇用人員は合計27万人に増えると期待される」と述べた。
 
(参考記事:「サムスンが投資規模を17兆円規模に拡大…「システム半導体ビジョン2030」達成のため」)
(参考記事:「米韓首脳会談にSK会長やサムスン副会長など同行見通し」)
(参考記事:「[特集]韓国の半導体産業の競争力診断…専門家100人アンケート調査」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない