フジキン韓国法人が釜山で工場増設…「難しい日韓関係のなかでの決定に感謝」市関係者

半導体

フジキン韓国法人が釜山で工場増設…「難しい日韓関係のなかでの決定に感謝」市関係者

韓国の釜山市は17日、日本のフジキンが100%出資する現地子会社「泰光(テグァン)フジキン」とファジョン産業団地内への建設入居契約を締結すると発表した。
 
(参考記事:「TOKの韓国法人、フォトレジスト現地供給奏功で本社上回る実績」)
 
泰光フジキンは、半導体や産業用精密バルブを製造している企業であり、2011年に釜山のファジョン産業団地外国人投資企業専用団地に工場を設立し、現在はノクサン産業団地に第2工場を運営してている。

今回の入居契約は、従来のファジョン工場とノクサン工場を統合し、生産規模を拡大するための増設投資となる。工場施設(敷地3万3千88.1㎡)建設に557億ウォン(約54億円)を投資する予定であると明らかにされた。

泰光フジキンは、過去10年間、製品の国産化のために集中的に研究開発に投資しており、最近のコア製品の国産化と海外市場開拓を通じて売上を伸ばしてきた。

生産製品はサムスン電子、SKハイニクス、LGディスプレイなど国内の大手企業だけでなく、米国LAM、AMATなどにも供給される。

工場は今年の下半期に着工した後、2025年に竣工予定である。

生産規模に合わせて、約450人の新規雇用も計画中だ。

キム・ヨンホ泰光フジキン代表は「今後も果敢な投資で企業の成長と新規雇用の創出、地域経済に恩恵をもたらすようにする」と述べた。

釜山市の関係者は、「10年前に誘致した企業が世界的な企業に成長し、釜山地域の半導体および工業用バルブの製造産業のより一層大きな基盤をもたらしたことに非常に嬉しく思います。難しい日韓関係とコロナ19による世界的な景気低迷の状況にも関わらず大規模な増額投資を決定した本社と泰光フジキンに感謝を申し上げ、今後企業の信頼性の高い経営環境造成のための最善の行政支援で、第2、第3の世界的企業が出てくることができるように最善を尽くしたい」と伝えた。
 
(参考記事:「[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ」)
(参考記事:「韓国企業が広島の太陽光発電事業を受注…45億円規模、竣工後の運営管理も」)
(参考記事:「韓国企業、合成石英ガラスに続き同溶接棒の国産化を発表…政府機関と共同開発」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない