米政府が再び半導体会議開催で関連企業が出席 「サムスンへの投資圧力」韓国紙

半導体

米政府が再び半導体会議開催で関連企業が出席 「サムスンへの投資圧力」韓国紙

レイモンド米国商務長官が20日(現地時間)、半導体チップの生産問題を議論するため会議を開いたとロイター通信が報じた。先月12日にもホワイトハウス主宰で同じテーマの会議が開かれている。
 
(参考記事:「サムスンが米に5ナノEUVライン設置か…「米韓首脳会談の前後に発表」と韓国紙」)
 
ロイターは、2人の消息筋を引用し、レイモンド長官が同日、米国自動車業界や他業界の高位関係者と、半導体チップ不足に関連した会議を主宰したと伝えた。

ブルームバーグ通信によると、会議には、アップル、グーグル、サムスン電子、TSMC、シスコシステムズ、AT&T、クアルコム、ジェネラル・エレクトリック(GE)、自動車会社ゼネラル・モーターズ(GM)とフォードなどが参加したと伝えられた。

レイモンド長官は記者に、半導体チップ不足と関連し、「現在サプライチェーンでの透明性が不足している」とし、「私たちは、情報の共有を強化するために、政府が行うことができ、しなければならない役割を探している」と述べたという。

聯合ニュースは、サムスン電子が参加した半導体チップ会議が、バイデン米大統領とムン・ジェイン大統領の韓米首脳会談を一日控えて開かれたことから、「サムスンへの投資圧力と解釈せざるをえないという観測が出てきた」と報じた。

ブルームバーグによると、レイモンド長官は、21日にはユ・ミョンフィ産業通商資源部通商交渉本部長と会談し、この席には韓国半導体企業の関係者らが参加する予定だという。

サムスン電子については、韓米首脳会談を前後して、20兆ウォン(170億ドル)規模の半導体受託生産(ファウンドリー)の投資を発表するとの見通しが出ている。
 
(参考記事:「[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ」)
(参考記事:「サムスンが投資規模を17兆円規模に拡大…「システム半導体ビジョン2030」達成のため」)
(参考記事:「[特集]バイデン政権が韓国経済に及ぼす影響」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない