韓国大統領、SKの米電池工場を訪問 「米がインセンティブ提供すればより多くの投資」

EV電池

韓国大統領、SKの米電池工場を訪問 「米がインセンティブ提供すればより多くの投資」

米国を公式訪問したムン・ジェイン大統領が22日(現地時間)、米ジョージア州にあるSKイノベーションのバッテリーセル工場の建設現場を訪れた。 同日の訪問には、ムン·スンウク産業省長官、チェ·テウォンSKグループ会長らが同行した。韓国各紙が報じた。
 
(参考記事:「[特集]フォードとSKイノがEV電池生産で合弁…米欧中での生産で25年190Gwh能力確保へ」)
 
ムン大統領はこの日のあいさつで、「この工場は韓米両国の友情と先端協力を象徴する場所である」とし「バッテリー分野で韓国企業は最高のパートナーであるだけに、米国と韓国が共に発展する良い機会」と明らかにした。

続いて、「昨日ジョー・バイデン米大統領と会い、相互投資促進、共同技術開発も議論し、米国がバッテリー生産施設に多様なインセンティブを提供すれば、より多くの投資が行われるだろう」と付け加えた。

ムン大統領は、続いて、現地組み立て工場を視察し、「水素·電気自動車が既存の内燃機関車より多く生産される日が来るのか」と尋ねたという。

現在、SKイノベーションはジョージア州に約3兆ウォン(約2898億円)を投資し、2つのバッテリー生産工場を建設している。 両バッテリー工場は、ジョージア州の首都アトランタから北東に約110キロ離れたジャクソン・カウンティの周辺にあり、第1工場は2022年から、第2工場は2023年から量産を開始する予定だ。
 
(参考記事:「SK製電池搭載、フォードの電気ピックアップトラックが予約2万台超え」)
(参考記事:「SKイノベーション1年ぶりに黒字転換…Q1実績」)
(参考記事:「「唯一燃えてない」SKイノベーションのバッテリーは分離膜を内製」)
(参考記事:「サムスン・現代・SK・LG 韓国4大グループの対米投資(4.2兆円)の中身は?」)
 
(写真:米ジョージア州のSKイノベーション工場=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない