「サムスンの株価上昇は限定的」「中小型株の上昇がより速い」韓国証券社

半導体

「サムスンの株価上昇は限定的」「中小型株の上昇がより速い」韓国証券社

ハナ金融投資は23日、半導体業界に関する分析レポートを公表した。
 
(参考記事:「「韓米首脳会談は韓国の半導体中小企業にプラス」「サムスン米工場にも納品」韓国証券社」)
 
ハナ金融投資のキム・ギョンミン首席研究員は、「サムスン電子の株価はどうなるのか?」という問いのもと、最近、170億ドル規模の対米投資を発表したサムスンの動きが株価に与える影響について分析した。

キム研究員は、「米国内の非メモリファウンドリの増設ニュースは株価に一旦ポジティブである」とし、「増設により、ファウンドリにおいて3位以下の競合他社との格差を拡大することができるという点が、サムスン電子の観点からポジティブである」と述べた。

続けて、「サムスン電子がファウンドリ事業を通じてTSMCのように企業価値を認められるために、米国のFabless顧客の注文を多く確保するべきであるが、アメリカの顧客各社と物理的に近いところに増設することが直接・間接的に営業に役立つからある」と分析した。

キム研究員は、「長年、米国と欧州のアナログ半導体企業がアナログ半導体市場の上位を維持する過程で顧客(米国と欧州の完成車)と物理的に近い距離にいたことが大きな助けになったようにだ」とし、「したがって、サムスン電子のファウンドリ増設が近づいたということは、非メモリ事業の価値にとってポジティブである。ただし、部品の供給不足によりセット(携帯電話)部門の業績の可視性が鈍化しているという点から、サムスン電子の株価上昇は限定的と予想され、米国内のファウンドリ増設に応じることのできる中小型株の株価上昇がより速いと予想される」と述べている。
 
(参考記事:「SKハイニクス「8インチファウンドリを検討中」…Q1電話会議で」)
(参考記事:「サムスン・現代・SK・LG 韓国4大グループの対米投資(4.2兆円)の中身は?」)
(参考記事:「韓国大統領がサムスン総帥の赦免に言及「半導体産業の競争力を高める必要性あるのは事実」」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない