LGがESSをリコール、費用は388億円規模…中国で生産のESS専用電極に火災リスク

EV電池

LGがESSをリコール、費用は388億円規模…中国で生産のESS専用電極に火災リスク

LGエナジーソリューション(旧LG化学電池事業部)がESSのリコールを行う。
 
(参考記事:「LG化学のESS装置、米につづき豪州でもリコールへ…火災事故で事業に暗雲」)
 
交換対象は2017年4月〜2018年9月に生産されたESS用バッテリーだ。

同社によると、今回の交換の決定は、LGエナジーソリューションがESS火災の原因の精密分析の結果、中国で最初の生産されたESS専用電極において、一部工程の問題に起因する潜在的なリスクが発見され、そのリスクが過酷な外部環境と結合されると、火災を誘発する可能性がという判断によるものだという。

今後ESS電池交換が行われる国内電力網ESSサイトにおいては、バッテリー充電率(SOC)を通常の運営する予定である。これと共に、国内外のサイトのバッテリー診断と制御ソフトウェアを継続的に更新していく一方、現場点検も実施し、リスクを継続的に除去していくこと説明した。

LGエナジーソリューションは、今回のESS用バッテリーの交換や追加措置に必要な費用は4000億ウォン(約388億円)水準と予想している。

キム・ジョンヒョンLGエナジーソリューション社長は、「安全と品質をすべての意思決定の最優先基準とするだろう」とし、「品質革新活動を通じてどのような危険にも耐えられる、世界で最も安全な電池を作っていく」と強調した。
 
(参考記事:「LGがインドネシアで12億ドル規模のEV電池工場新設か…ロイター報じる」)
(参考記事:「LG化学、テスラにニッケル含有量90%のNCMA正極材を供給か」)
(参考記事:「サムスンSDI、台湾国営電力企業の大規模ESS事業を受注」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない