韓国副首相「日本の輸出規制3品目は供給が改善、生産支障なかった」

半導体

韓国副首相「日本の輸出規制3品目は供給が改善、生産支障なかった」

韓国のホン・ナムギ経済担当副首相兼企画財政部長官は25日、「初期に懸念されたフッ酸、EUVレジスト、フッ化ポリイミドの3大主要品目の供給安定化が明らかに改善され、どのような生産にも支障が生じなかった」と述べた。
 
(参考記事:「[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ」)
 
ホン・ナムギ副首相はこの日、ソウル庁舎で、「第7回素材・部品・機器の競争力強化委員会」を主宰し、「2019年7月、日本の輸出規制措置を契機に小部長競争力強化政策を本格的に推進してから約2年になる」と述べた。

ホン副首相は、「日本の輸出規制関連100項目、グローバルなサプライチェーン(GVC)関連85品目などを選定して、研究開発(R&D)2兆ウォンを集中的に投入するなど、重要な技術力を確保するための対策を推進中だ」と明らかにした。

続いて「その結果、昨年まで23品目の試作品を開発完了し、434件の特許を出願した」と紹介した。

また「これまで5回にわたって26件の協力モデルを承認し、需要企業-供給企業間連携のR&D実行と協力生態系を構築し、研究・大学などの人材・設備・技術等を積極的に支援中」と付け加えた。

この日の会議では、車両用半導体部品、電気自動車用の希土類永久磁石など8件の素材・部品・装置の開発のための企業間協力事業(モデル)を承認した。ホン副首相は、「発掘されたコラボレーションモデルの大半は、最近半導体不足を経験している自動車産業に関連しており、協同研究、開発-購入連携のほか、海外企業の国内投資と海外進出企業の国内Uターンという新しい協力方式も追加される」と紹介した。

政府は、協力事業が成功的に推進される場合、2025年までに約1400億ウォンの民間投資、約500人の新規雇用創出を期待した。
 
(参考記事:「韓国トンジン社、フォトレジスト製造棟の出荷式開催…EUV用国産化も推進」)
(参考記事:「韓国SKグループが日本に投資会社設立か…半導体素材や部品企業の買収推進で」)
(参考記事:「韓国のフッ化水素輸入、対日依存度が下がる…フォトレジストやフッ化ポリイミドも」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない