韓国エコプロビーエム、132億円で正極材工場を増設…需要増に対応

EV電池

韓国エコプロビーエム、132億円で正極材工場を増設…需要増に対応

韓国のバッテリー素材メーカー大手の「エコプロビーエム」が需要増加に対応するため、1340億ウォン(約132億円)を投じ、浦項にある迎日湾産業団地内CAM5N工場に設備を増設することが分かった。
 
(参考記事:「エコプロビーエム、正極材から電池再利用まで事業拡大」)
 
投資期間は、今年5月から2023年1月までで、年間CAPAは2万8800トン、NCM 2つのラインで行われる予定である。

エコプロビーエムは、昨年2月にSKイノベーションと電気自動車バッテリー用正極材料の中長期供給契約を締結し、2023年までにハイニッケル系NCM正極材料を供給する(2兆7000億ウォン規模)の契約を締結したことがある。

施設の増設はEVなど中・大型電池市場の成長に合わせて、中長期の需要増に対応するためのものである。

エコプロビーエムは、現在増設を進めているCAM6を含めて2024年までに年間18万トンのハイニッケル正極材の生産能力を確保する計画である。
 
(参考記事:「エコプロビーエム社、NCMA正極材を生産へ」)
(参考記事:「SKイノ専用の工場建設、正極材企業の韓国エコプロビーエム社」)
(参考記事:「サムスンSDIが「ニッケル92%」NCA正極材を開発か…エコプロ社と共同で」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない