LGがゲーミングモニターの品揃えを拡充、全19種類に

ディスプレイ

LGがゲーミングモニターの品揃えを拡充、全19種類に

LG電子は「LGウルトラギア」ゲームモニターの新製品(モデル名:32GP850)を披露し、ラインナップを広げることが分かった。
 
(参考記事:「LGがゲームモニター「LGウルトラギア」新製品を販売」)
 
LG電子は31日、来月(6月)1日に32型(80cm)大画面ゲームモニターを韓国市場に投入すると明らかにした。去る5月初めには27型ゲームモニターを披露しており、約1ヶ月ぶりに新製品を発売することになった。

同社によると、新型コロナウイルスの影響で爆発的に増加した非対面需要を積極的に攻略し、ゲームモニター市場を先行獲得するための戦略であるという。市場調査機関IDCによると、国内ゲームモニター市場は2018年に約13万台から昨年は36万台と、3倍近く増加した。

今回の新製品発売により、LG電子は、現在韓国のゲームモニター市場で38型、34型、32型、27型、24型などの画面サイズで合計19のLGウルトアギア製品を販売することになった。ユーザーは好みのゲームの種類に応じてモニターを選択することができる。

新製品は、32型QHD(2560 x 1440)大画面の「ナノIPSディスプレイ」が適用された。 「ナノIPSディスプレイ」は、ナノメートル(nm、10億分の1m)単位の微細粒子がバックライトに適用され、正確で豊かな色表現が可能だ。

LG電子は、1ms GtG(Gray to Gray)の応答速度を実現し、高速画面の切り替え時に起こることが残像も最小限に抑えた。さらに、オーバークロック時、毎秒最大180枚の画面を表示する180Hz(ヘルツ)とリフレッシュレートを加えたことで、ユーザーが最高の没入感を感じられるようにした。

この製品は、デジタル映画協会(DCI:Digital Cinema Initiatives)の標準的な色領域」DCI-P3」を98%満たしている。

また、「NVIDIA®G-SYNC®Compatible」、「AMD FreeSync Premium)」などのグラフィックス互換機能を備えた。外部機器のグラフィックカード信号とモニター画面のリフレッシュレートを一致させ、画面の解除を最小限に抑える。

出庫価格は79万9千ウォン(日本円で約78,700円)と発表された。

LG電子韓国営業本部のキム・ソンヒョンHEマーケティング担当は、「ラインナップ拡大に顧客は好みのゲームや、画面サイズに応じてLGのウルトアギアモニターを購入することができようになった」とし、「今後も圧倒的なゲーミング性能を備えた製品を引き続き披露する」と強調した。
 
(参考記事:「韓国LG電子が「モニター三銃士」をCES2021で公開」)
(参考記事:「LGが有名ゲーマー20余名を集めた大会開催し全世界生中継へ…自社ゲームモニター普及目的」)
(参考記事:「サムスン、ゲームモニター「Odyssey」の限定版発売」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない