ヒュンダイ、パートナー社のスマート工場化支援

その他

ヒュンダイ、パートナー社のスマート工場化支援

ヒュンダイ自動車グループがパートナーとの相互協力を強化するために、スマート工場のネットワークを広げる。

ヒュンダイ自動車グループは、中小ベンチャー企業部、自動車部品産業振興財団、スマート製造技術革新推進団、大・中小企業・農漁業協力財団、大韓商工会議所と共に、今年、180カ所のパートナーを対象に、スマート工場の構築支援事業を実施することを明らかにした。

スマート工場は製品企画から設計、製造、工程、流通、販売に至るまでの全生産過程に情報通信技術(ICT)を組み合わせて生産システムを最適化した工場であり、ICTの程度に応じて「基礎」-「中間1」-「中間2」-「高度」の4段階に区分される。

ヒュンダイ自動車グループは、中小企業の競争力向上のために、中小ベンチャー企業部で推進している「大中小共生型スマート工場普及拡散事業」に参加し、過去2019年と2020年に、480余カ所のパートナーが、基礎と中間段階のスマート工場を構築するできるよう、100億ウォンを支援している。

今年は、高度の段階のスマート工場構築までサポートを拡大し、合計180社に50億ウォンを支援する。

中間および高度化の段階のスマート工場を構築するパートナーには、生産工程管理システム、全社資源管理システム、サプライチェーン管理システム、製品ライフサイクル管理システムなどが適用される。

ヒュンダイ自動車グループのスマート工場システムは、過去2年間、ヒュンダイ自動車グループの支援により、スマート工場に転換されたパートナーを対象に、品質競争力が検証された。

昨年の参加企業209社は、品質と生産性の向上、コストの削減、納期の改善などの成果指標が平均30%ほど改善されるなど、実質的な効果を得た。

また、ヒュンダイ自動車グループは、過去2019年に中小ベンチャー企業部と締結した「思いやりのある企業(自発的共生協力企業)」の業務協約に基づいて、昨年未来の車関連部品協力会社のスマート工場事業者負担分を支援したのに続き、今年も今負担金を全額支援する予定だ。

ヒュンダイ自動車グループの関係者は、「今年で3年目に入ったスマート工場の構築支援事業を通じてパートナーの将来の競争力確保に寄与することができてうれしい」と述べ、「今後も、ヒュンダイ自動車グループは、パートナーの成長と発展のために、様々な同伴成長活動を継続するだろう」と伝えた。

一方、ヒュンダイ自動車グループは、2013年から2017年までの産業通商資源部主管の産業革新運動に参加し、1250社の中小企業に250億ウォンを支援し、2015年から2018年まで光州創造経済イノベーションセンターと光州地域160社の中小企業に32億ウォンを支援し、中小企業のスマート工場の構築を支援している。

(参考記事:「ヒュンダイ系列社「世界で初めてEV用ディスクコネクタ技術を開発」発表」)
(参考記事:「ヒュンダイ、AIの世界的権威を諮問委員に」)
(参考記事:「ヒュンダイが航空モビリティ分野の人材を大規模採用へ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない