LGイノテック、ジャガーから品質認証を取得

その他

LGイノテック、ジャガーから品質認証を取得

LGイノテックは、自動車ブランドであるジャガーランドローバーから「品質認証」を取得したと先月26日に明らかにした。

「ジャガーランドローバー品質認証」は、ジャガーランドローバーが毎年パートナー製品の品質レベルと納期遵守を評価して優秀パートナーを選定する制度だ。

今回の認証は、グローバルプレミアム自動車企業から品質を認められたものであるだけに意味が大きいとLGイノテックは強調した。車両電装部品は、自動車の乗員と歩行者の生命と直結するため、品質管理が厳しい。ジャガーランドローバーはプレミアム車種を生産しており、品質管理基準が厳しいと同社は説明した。。

LGイノテックは、過去2017年からジャガーランドローバーにDC-DC(直流 – 直流)コンバータを供給してきた。

LGイノテックは、米GMから2015年と2017〜2019年の4回にわたって品質優秀賞を受賞しており、2015〜2016年には、ドイツコンチネンタル、シェフラーの優秀パートナーに選ばれている。

LGイノテックは自動車のソフトウェア開発で標準となるASPICE CL3認証を取得し、自律走行国際標準(SOTIF)開発のためのISO 21448標準化、カーコネクティビティコンソーシアム(CCC)参加などによって品質向上に努めている。
 
(参考記事:「LGイノテックとMS、Azureクラウド用3Dセンシング部品開発でMOU締結」)
(参考記事:「韓国LGイノテックが新たな車載通信モジュールを発表…「日本企業を迅速に追撃」へ」)
(参考記事:「LGイノテックが「デジタルキーモジュール」開発発表…25年には約3千万台の車に普及予想」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない