ヒュンダイとソウル市がUAM生態系協力でMOU締結

その他

ヒュンダイとソウル市がUAM生態系協力でMOU締結

ヒュンダイ自動車は、ソウル市と「UAMの成功を実現及び生態系を構築協力のための業務協約(MOU)」を締結したと10日に明らかにした。

2021ソウルスマートモビリティエキスポ会場(ソウル市麻浦区文化備蓄基地)で開かれたこの日の協約式は、ヒュンダイ車UAM部門シン・ジェウォン社長、オ・セフン=ソウル市長など主要関係者が参加した中で行われた。

ヒュンダイ車とソウル市は今回の業務協約を通じて△UAMの生態系を構築し、社会的受容性の向上のための活動の強化△UAM産業の活性化のための共同協力△UAM離着陸場(抱き合わせポート)のビジョンを確立するための研究課題遂行△韓国型UAMロードマップと「K -UAMグランドチャレンジ」実証事業等を相互に協力する計画である。

ヒュンダイ車は米国ロサンゼルス、イギリスコベントリーなど、ヒュンダイ自動車グループがモビリティ事業協力のためのパートナーシップを締結した海外の主要都市と連携して、ソウル市がUAM産業をリードする都市として位置づけられるように協力する予定である。

先にヒュンダイ車は仁川国際空港公社・ヒュンダイ建設・KTとUAM事業協力のためのパートナーシップを締結したことがあり、これらと共に韓国型UAMの生態系を構築するために努力している。この他にも航空安全技術院と協力してUAM機体と認証技術の開発に力を入れている。

ヒュンダイ車UAM部門シン・ジェウォン社長は「今回のソウル市との業務協約はUAM産業の発展のために、国内初の民間企業と自治体間のコラボレーションシステムを造成したことに意味がある」とし「グローバルメガシティ(Mega City)のソウル市と協力して大韓民国この世界のUAM市場をリードすることができるように努力する」と述べた。

一方、ヒュンダイ車グループは10日から12日まで開かれる「2021ソウルスマートモビリティエキスポ」に参加し、人間中心の未来都市に資するヒュンダイ車グループの未来モビリティ生態系のビジョンを披露した。

特にスマートモビリティソリューション縮小模型物である「UAM-PBV-Hub」実物コンセプトモデルを展示して、ヒュンダイ自動車が実現将来モビリティの概念をわかりやすく表現するなど、未来都心の交通ビジョンを披露した。また、電気自動車専用プラットフォーム(E-GMP)を適用した環境にやさしいモビリティであるヒュンダイの「アイオニック5」を展示して観覧客たちの耳目を集めた。

また、ヒュンダイ車は、様々な産業現場で作業者の筋骨格系疾患を予防し、作業効率を向上させるのに役立つ着用ロボットも展示した。これにより、観覧客が人間の生活をより良い方向に変化するのに役立つロボットの活用性を体験することができる場を用意した。

この他にもヒュンダイ車グループは自律走行技術の開発映像を上映するなど、顧客が直接見て感じることができる様々な展示プログラムやイベントを用意万博期間運営する予定である。
 
(参考記事:「ヒュンダイが航空モビリティ分野の人材を大規模採用へ」)
(参考記事:「韓国ハンファ、米個人航空機オーバーエアを買収…エアタクシー参入へ布石」)
(参考記事:「韓国ヒュンダイが英で「空飛ぶタクシー」空港建設着手か…英政府など430億円投じる」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない