韓国のICT輸出、12カ月連続で増加

通商・特許

韓国のICT輸出、12カ月連続で増加

韓国科学省(科学技術情報通信部)は、5月の同国の情報通信技術(ICT)の輸出額が177億3000万ドル、輸入額が105億1000万ドル、貿易収支は72億2000万ドルの黒字と暫定集計されたと14日、明らかにした。

輸出額は前年同期比27.4%増加し、昨年6月以降12ヶ月連続の増加を示した。これは歴代5月の輸出額のうち二番目に高い実績である。

一日平均輸出額は8億5000万ドルで、前年同期比30.5%増加した。

主要国別の中国(香港を含む、19.3%↑)、ベトナム(39.3%↑)、アメリカ(30.5%↑)、欧州連合(34.4%↑)、日本(12.9%↑)などへの輸出が増加した。

半導体とディスプレイ、携帯電話などの情報通信技術(ICT)の3大主力品目の輸出は2カ月連続で2ケタの伸び率を記録した。

半導体(24%↑)は、輸出額101億1000万ドルを記録し、2018年11月以来30ヶ月ぶりに100億ドル台に再進入した。

メモリ(13.6%↑)とシステム(55.7%↑)半導体の輸出も共に上昇した。

ディスプレイ(38.7%↑)は、OLED(64.2%)↑)とLCD(7.1%↑)、部分品(34.6%↑)の輸出が並んで増加した。

携帯電話(43%↑)も完成品(20.8%↑)と部分品(62.9%↑)が同時に増加した。

コンピュータ周辺機器(9.8%↑)もコンピュータ(14.2%↑)と周辺機器(9.1%↑)の輸出が増加した。

地域別の輸出額は、中国86億6000万ドル、ベトナム23億8000万ドル、米国22億8000万ドル、欧州連合(EU)は10億3000万ドル、日本の3億3000万ドルなどの順だった。

中小・中堅企業のICT輸出額は前年同期比43.5%増の40億1000万ドルだった。

5月にICTの輸入額は前年同期比17.7%増の105億1000万ドルだった。

品目別では、半導体(20.6%↑)とコンピュータ・周辺機器(20.1%↑)の輸入が増え、携帯電話(23.8%↓)とディスプレイ(7.6%↓)輸入は減少した。
 
(参考記事:「韓国のICT輸出が11カ月連続増…対日輸出のみ減少」)
(参考記事:「韓国、3月のICT輸出8.9%増加…半導体・OLEDが牽引」)
(参考記事:「韓国の1月のICT輸出163億ドル…半導体・携帯好調で8カ月連続増」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない