起亜が「The new K9」映像を公開 キム・ナムギルを専用モデルに起用

その他

起亜が「The new K9」映像を公開 キム・ナムギルを専用モデルに起用

起亜自動車は15日、代表フラッグシップセダンモデルである「ザ・ニューK9(The new K9)」のオンラインショーケース映像を公開して本格的な販売を開始すると発表した。

起亜自動車はこの日午前10時30分からの起亜自動車YouTubeチャンネルを通じて俳優キム・ナムギルがニューK9のモデルとして出演するショーケースの映像を中継する。ショーケース映像は新しくなったK9のブランド哲学をストーリーテリング方式で配信してデザインと先端仕様などを3D映像で視覚化したと説明した。

起亜自動車はザ・ニュー・K9に先端走行新技術を適用し、最適の乗り心地と安定した走行性能を確保したとし、乗客の安全性と利便性のために、最先端の運転支援システムを大挙搭載した。

世界初△前方予測変速システム(PGS)と起亜自動車最初△プレビュー電子制御サスペンションを適用し、より便利で安定した走行環境を実装しており、△前トリムに基本的に搭載した高速道路の走行補助2(HDA2)△複数の衝突防止自動ブレーキシステム(MCB)など、様々な先端運転支援システムを介して走行安全性と利便性を向上させたという。

また、タッチ方式で運転手との相互作用するインフォテインメントシステムである△指紋認証システム△手書き認識の統合コントローラ△タッチスクリーン機能が適用された後席デュアルモニタなどを新たに搭載した。

このほかにも△14.5インチの超大型ワイドディスプレイ△拡張現実ナビゲーション△クラスタ・ヘッドアップディスプレイソフトウェア無線アップデート△エルゴモーションシート△インテリジェントヘッドランプ(IFS)△後進ガイドランプなどを新規に適用して、一層高度の走行経験を提供する。
 
(参考記事:「起亜自動車、ロシアの自動車評価で6部門最優秀賞」)
(参考記事:「起亜自動車、新型「スポーテージ」のティーザーイメージ公開 起亜の人気シリーズ」)
(参考記事:「起亜自動車が米で44万台の大型リコール…部品の品質偏差に問題か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない