韓国起亜自動車がウーバードライバーにEV提供で提携…「一流のブランドに」

その他

韓国起亜自動車がウーバードライバーにEV提供で提携…「一流のブランドに」

起亜自動車がウーバーと協力し、欧州内の電気自動車普及拡大に乗り出すことが分かった。

起亜自動車は、持続可能なモビリティ領域の拡張を推進中であり、二酸化炭素の排出がなく、騒音が少ない電気自動車の普及をより拡大し、快適な都心環境づくりのためにウーバーと協力するという。

起亜自動車はニーロEVなどで構成された自社の電気自動車特別購入特典を欧州ウーバーに提供するという内容のパートナーシップをウーバーと締結したと16日(水)発表した。

起亜自動車は、欧州約20カ国のウーバードライバーを対象に最先端の電気自動車を供給するなど、ウーバーとの戦略的提携を継続強化する方針だ。

モビリティリーダーであるウーバーは、欧州で2025年までに10万台以上の電気自動車の運営、2030年までに二酸化炭素の排出のない無炭素モビリティサービスプラットフォームの構築を目指す。

このため、ウーバーは2025年までに、ロンドン、パリ、ベルリン、アムステルダム、ブリュッセル、マドリード、リスボンなど、欧州の7つの主要都市で運行するウーバー車の半分を電気自動車に切り替える計画だ。

ジョン・ウォンジョン起亜自動車欧州圏本部長は、「今回のウーバーとの電気自動車パートナーシップ締結は、二酸化炭素排出のないモビリティ時代のための重要なマイルストーンになる」とし、「ニーロEVなどの起亜自動車の先端電気自動車をウーバーに提供することを皮切りに、公害と騒音のない道路や都心環境を作るために絶えず努力する」と述べた。

アナベル・ディアス(Anabel Diaz)ウーバー欧州・アジア中東圏担当者は、「欧州のウーバードライバーにクラス最高の電気自動車を購入する利点を提供するために、起亜自動車と協力できることを誇りに思っている」とし、「二酸化炭素の排出がないモビリティプラットフォームの構築は、単純な目的ではない必須事項であり、今回の提携は欧州の電動化のために非常に重要である」と述べた。

一方、起亜自動車は、昨年1月に中長期戦略である「Plan S」を発表し、電気自動車(EV)事業体制に専制的に転換し、環境に配慮したモビリティソリューションを提供することで、ブランドの革新と収益性を拡大すると明らかにしている。

続いて、今年2月には、Plan Sを具体化させて▲2026年までに電気自動車11種フルラインナップの構築、2030年エコカー年間160万台の販売など、「EV切り替えの具体化」▲2022年PBV最初のモデルを発表、2030年に100万台販売と市場1位達成を目指す「PBV事業力量強化」▲モビリティ事業顧客群の拡大、期間の需要に対応するためのサービスの多様化を推進する「モビリティ事業の拡大」などで構成された3つの中核事業に区分し、各事業別の詳細の実行計画を作成した。

特に、電気自動車の場合、2030年に年間88万台以上の販売を掲げ、グローバル電気自動車の一流ブランドに生まれ変わるという目標を明らかにした。起亜自動車は電気自動車市場の変化に対する先制的対応を通じて、来る2030年の年間160万台の環境車を販売し、全体の販売における環境車の割合を40%まで引き上げる計画だ。
 
(参考記事:「起亜自動車、ロシアの自動車評価で6部門最優秀賞」)
(参考記事:「韓国起亜自動車、累積販売台数が5,000万台を突破」)
(参考記事:「起亜自動車が「プランS」を発表…EVやPBVに大転換へ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない