[特集]韓国の素材・部品・装置企業への政策ファンドが1兆ウォン突破

半導体 特集

[特集]韓国の素材・部品・装置企業への政策ファンドが1兆ウォン突破

韓国の素材・部品・装置企業への投資のための政策ファンド助成額が1年6ヶ月ぶりに総額1兆ウォン(約1千億円)を突破した。韓国政府は、来年から有望企業に最大30億ウォン(約3億円)の研究開発(R&D)資金を支援する予定である。

21日、韓国産業省(産業通商資源部)によると、2019年7月、日本の輸出規制(輸出管理強化)の後、素材・部品・装置企業への投資を目的に作られた「素部装置政策ファンド」が、昨年から1年6ヶ月ぶりに1兆409億ウォンの助成金額を記録した。

これは日本の輸出規制以前の20年間(2000~2019年)の素材・部品・装置政策ファンドへの投資額を合わせた5736億ウォンの2倍に近い規模になるという。

韓国政府は、今年中に6000億ウォン以上の追加の素材・部品・装置ファンド組成する計画だ。

また、政策型ニューディール基金を活用した有望な素材・部品・装置企業への投資も拡大する。

このため、素材・部品・装置の投資機関協議会、産業技術評価管理院、産業銀行、民間投資機関はこの日、ソウルのCOEXで「素材・部品・機器投資活性化のための業務協約(MOU)」を締結した。

今回の協約締結によって、各機関は、ニューディール分野の有望な投資事業の発掘のために積極的に協力することにした。

ニューディール投資共同基準に定義された200点のニューディール品目のバリューチェーン(value chain)を分析し、各項目を生成するために欠かせない重要な素材・部品・装置と関連事業を営む素材・部品・装置企業のデータベースを構築する予定である。

また、投資誘致を希望する素材・部品・装置企業とニューディール基金民間投資機関間によるオン・オフラインマッチング機会も提供する。素材・部品・装置産業に対する投資家の関心を高めるような専門家間の交流プログラムも開設する。

産業省は来年からニューディール・ファンドなどの成長可能性を認められた素材・部品・装置企業に最大30億ウォンのR&D資金を連携、支援する予定だ。

この日の行事に参加したBNWインベストメント、韓国投資パートナーズなどの民間投資機関も、これまで素材・部品・装置企業に投資した主な事例だ。

エコプロビーエムは2016年にBNWインベストメント、IBK企業銀行などから600億ウォンの投資を誘致し、二次電池正極材の製造技術の高度化のための設備投資や事業拡大に乗り出した。その結果、この会社は、二次電池正極材のグローバル2位の企業へと成長した。

ミュテクコリアは昨年BNWインベストメント、IBK企業銀行などから475億ウォンの投資を誘致し、日本などに依存していた光学技術の国産化に成功した。

キム・ソクジュBNWインベストメント常務は「韓国は半導体、二次電池などの核心素材部品分野の世界的な強国として素材・部品・装置産業の投資見通しが非常に明るい」と述べた。

イ・ギョンホ産業省素材部品装置協力官は、「今回の業務協約をきっかけに素材・部品・装置企業の成長のための投資財源がさらに拡大され、素材・部品・装置産業界と金融界が緊密に協力して様々な投資の成功事例を創出することを希望する」と強調した。
 
(参考記事:「韓国政府、「K-半導体戦略」のため大規模な予備妥当性調査を推進へ」)
(参考記事:「韓国政府、半導体製造装置の部品の迅速通関を実施へ…安全認証免除制度を改善」)
(参考記事:「[特集]韓国の素材・部品対日輸入率が低下…国産化など奏功か」)
 
(参考記事:「[特集]韓国政府が未来車転換総合支援センターを着工 部品メーカーなどの事業転換を積極支援」)
(参考記事:「[特集]韓国政府が半導体総合戦略を発表…50兆プラスα規模で積極支援へ」)
(参考記事:「韓国政府、半導体など次世代技術技術R&D65件を支援」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない