ヒュンダイの「コナEV」でまた火災事故 リコール対象外車種で

EV・バッテリー

ヒュンダイの「コナEV」でまた火災事故 リコール対象外車種で

ヒュンダイ自動車の電気自動車(EV)で、また火災事故が発生した。コナEVは、2018年の発売以降、国内外で計16回の火災事故が起き、韓国ではコナEVの販売を終了している。

韓国メディアなどによると、今月18日に忠清南道(チュンチョンナムド)保寧(ポリョン)で、駐車中だったコナEVから火災が発生した。この車は、バッテリーリコール対象車ではないことが確認された。ヒュンダイ自動車は、韓国交通安全公団の自動車安全研究院(KATRI)や協力会社と、現在、火災原因を調査していると説明した。

2018年4月に発売されたコナEVは、韓国初の小型スポーツユーティリティー車(SUV)電気自動車として期待を集めた。小さな車体のSUVだが、400kmを超える走行距離で内需と輸出市場でいずれも人気を集めた。コナEVは発売初年度に1万1193台、今年3月までの累計で3万3830台が韓国で発売され、海外では計10万1574台が発売された。

しかしコナは、2019年だけでも国内外で5件の火災が発生した。国土交通部とヒュンダイ自動車は、コナEVのバッテリー管理システム(BMS)をアップデートするリコール(是正措置)を発表した。しかし、リコールを受けた車でも火災が発生し、ヒュンダイ自動車は今年2月、自発的にコナEVのバッテリー全量を交換することにした。

昨年コナEVの販売台数は、前年比約35%減少となる8066台で、今年第1四半期の販売台数も、前年同期比40%減少となる984台にとどまった。そして今年3月、コナEVの生産が中止された。海外では販売が続けられている。
 
(参考記事:「韓国政府がヒュンダイの「アイオニックEV」に製造欠陥調査を支持か…「コナEV」に続くリコール可能性も 韓国紙報じる」)
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ「コナEV」の火災原因(韓国当局発表全文)」)
(参考記事:「ヒュンダイの「コナEV」は電池全量交換へ…リコール後も火災発生で」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない