インフィニオン、車載用のキャビンシステムのXENSIV™60GHzレーダーセンサーとAURIX™マイクロコントローラを提供

半導体

インフィニオン、車載用のキャビンシステムのXENSIV™60GHzレーダーセンサーとAURIX™マイクロコントローラを提供

インフィニオンテクノロジーズは29日、XENSIV™BGT60ATR24C AEC-Q100レーダーセンサー、AURIX™マイクロコントローラ、OPTIREG™PMICの製品構成で超広帯域、超低消費電力、価格性能比に優れ、拡張可能なICMSサブシステムアーキテクチャを提供することを明らかにした。

これらの製品は、新しい信号処理手法を可能にし、システムの堅牢性を向上させ、システムのニーズに応じて計算コストと情報のレベルと消費電力を最適化することができるようにする。

XENSIV BGT60ATR24Cレーダーセンサーは、△仮想アレイ構成のためのマルチの送信/受信△非常に機敏な変調生成メカニズム△自動パワーモードの設定△RFと処理との間の単純化されたインタフェースを特徴とする。 AURIX TC3xx MCUファミリは、高い性能と強力な安全アーキテクチャを組み合わせており、処理速度が速いレーダー信号処理ユニットを含み、第2世代のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を採用して、セキュリティを向上させる。また、非対称暗号化アクセラレーションのタイルFull EVITAサポートを含んでいる。

このセンサーとMCUの組み合わせであり、インフィニオン60GHz車載製品ポートフォリオには、ICMSアプリケーションに最適です。また、韓国のイメージングレーダーソリューションスタートアップであるビットセンシングとイスラエルのスタートアップCaaresysとのパートナーシップを通じて、顧客が開発作業を短縮することができるようにする。

イ・ジェウン=ビットセンシング代表は「ビットセンシングのMOD620 60GHzシステムソリューションは、インフィニオンのチップセット・ソリューションを使用した高度な信号処理技術で実装されており、優れた性能、信頼性、優れた知能を必要とする自動車業界が安全のために確信を持つことができるようにする “と述べた。

CaaresysのCEOであるイリヤ・スローシュー(Ilya Sloushch)は「CaaresysのCabinCareとBabyCareレーダーベースのシステムソリューションは、自動車の中での安全向上を目指す」とし「私たちのアルゴリズムとレーダー信号処理の専門知識とインフィニオンの高性能XENSIV 24GHz、 60GHzレーダーセンサーとAURIX MCUを結合して、車両内の非接触生体信号監視を実装するだろう」と明らかにした。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない