[特集]韓国で第2次半導体・ディスプレイ、カーボンニュートラル委員会開催

特集

[特集]韓国で第2次半導体・ディスプレイ、カーボンニュートラル委員会開催

韓国の官民合同で構成された「半導体・ディスプレイカーボンニュートラル委員会」は28日、「2050カーボンニュートラル」の達成共同宣言状況を点検し、長期のR&Dのロードマップの発表とともに、業界、専門家の意見を収斂する場を設けた。

ムン・スンウク産業省(韓国産業通商資源部)長官は、ソウルエルタワーにおいて、エレクトロニクス業界を代表する企業の役員および関連の専門家が参加したなか、「第2次半導体・ディスプレイ、カーボンニュートラル委員会」を開催した。

今回の会議では、キム・ワンギ産業省素材融合産業政策官、イ・チャンハン半導体協会副会長、キム・ソンジンディスプレイ協会副会長、ファン・ホソンサムスン電子常務、バク・ヨングンSKハイニクス副社長、チェ・ソンチョン=サムスンディスプレイ専務、ユン・ジェピョンLGディスプレイチーム長、クォン・ギチョン=クァウンウン大学教授などが参加した。

この日、エネルギー経済研究院イ・サンジュン気候変動の研究チーム長は、「半導体・ディスプレイ産業のカーボンニュートラル主要課題」について発表し、半導体‧ディスプレイ産業の持続可能なカーボンニュートラルのためには環境に配慮し工程の核心技術の開発が必要であると言及した。

イ=チーム長は、低消費電力半導体、最高効率のディスプレイなど、最も環境にやさしい製品を開発‧供給して、社会的炭素削減にも寄与しなければならないと強調し、そのための重要な課題としてカーボンニュートラル移行による半導体‧ディスプレイ産業が環境グローバルリーダーとして跳躍し9、技術革新によるカーボンニュートラル技術の超格差を達成するため、カーボンニュートラル製品、バリューチェーンの協力で、グローバル社会価値を創造することについて提言した。

韓国産業技術評価管理院のパク・ヨンホ=ディスプレイPDは「半導体‧ディスプレイカーボンニュートラル技術開発ロードマップの推進現況」を発表し、炭素削減のための代表的な3つの主要技術である高効率の排出制御技術の開発、半導体‧ディスプレイにおける環境にやさしいプロセスガスの開発、環境に配慮しガスGWP (Global Warming Potential、地球温暖化指数)認証およびプロセスの評価技術の開発などを紹介し、これに対する技術開発支援のために年内の詳細企画を完了し、予備妥当性調査申請する計画だと明らかにした。

参加者は、カーボンニュートラルを達成するため▴炭素低減施設投資に対する税額控除の拡大、▴カーボンニュートラル技術開発支援、▴エコ製品の開発‧供給のための制度改善などを提案し、対応の方向について議論した。

韓国半導体産業協会イ・チャンハン副会長は「半導体産業カーボンニュートラルの推進は非常に挑戦的な課題として、画期的な環境技術の開発が重要である」とし「このために素材・部品・装置企業間の産業生態系活性化のための連帯と協力強化が何よりも重要だ」と強調した。

韓国ディスプレイ産業協会キム・ソンジン副会長は、「カーボンニュートラルは、国民の関心と努力はもちろんのこと、産業界全般にわたる革新が必要である」とし「ディスプレイ産業は民‧官‧学が協力して画期的な技術開発を行い、カーボンニュートラル実現を先導して行くように努力する」と述べた。

産業通商資源部は「私たちの半導体・ディスプレイ産業は世界をリードしており、カーボンニュートラルを達成するためには、誰も行ったことのない道を切り開いていかなければならない困難がある」とし「カーボンニュートラルを達成するために、業界の果敢な投資を示してくれる願って、政府もカーボンニュートラルに必要な様々な支援を惜しまない」と説明した。

韓国では産業省主導のもと、今月初めから連日、「炭素中立委員会」による各業界のカーボンニュートラル会議が開かれている。
 
(参考記事:「[特集]韓国政府が先端素材・部品・装置など184核心品目の外国人投資誘致を推進」)
(参考記事:「[特集]韓国の素材・部品・装置企業への政策ファンドが1兆ウォン突破」)
(参考記事:「[特集]韓国がエンジン車偏向の部品企業1,000カ所について次世代車向け転換を支援」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない