サムスン電機「5Gスマホ用の世界最高容量MLCC開発」

その他

サムスン電機「5Gスマホ用の世界最高容量MLCC開発」

サムスン電機は29日、第5世代(5G)スマートフォン用MLCC(積層セラミックコンデンサ)を開発したと発表した。既存の同規格品よりも多くの電気エネルギーを保存することができるという。 MLCCは、電子製品の回路に電流が安定して流れるように制御する部品だ。

サムスン電気が今回開発したMLCCは1005規格(縦1.0㎜、縦0.5㎜)に27㎌(マイクロファラッド)の電気エネルギーを保存する。同じ規格の既存の製品(22㎌)より容量を20%ほど増やした。 MLCCの電気容量を増やすには、誘電体を多く積まなければならない。サムスン電機は、業界で使用される原材料粉末の中で最も小さいサイズである50㎚(ナノメートル)パウダーを開発し、誘電体の厚さを減らした。これにより、同じ空間に150層以上の誘電体をさらに積み重ねた。

キム・ドゥヨン=サムスン電機コンポーネント事業部長(副社長)は、「5G移動通信商用化とスマートフォンの高性能化により、小さいながら性能に優れたMLCCの需要が急増している」とし「技術開発に取り組んで市場での主導的な地位を維持するために力を尽くす」と述べた。サムスン電気は、日本の村田製作所に次いで世界MLCC市場2位につけている。
 
(参考記事:「韓国アモテック社、MLCCの生産開始を発表…韓国では3社目」)
(参考記事:「サムスン電機「世界最高性能のIT用MLCCを開発」発表」)
(参考記事:「サムスン電機の中国MLCC工場、年内稼働は困難か…自動車市場低迷などで」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない