LGが豪インフィニティリチウムと電池用水酸化リチウムの供給覚書締結

EV電池

LGが豪インフィニティリチウムと電池用水酸化リチウムの供給覚書締結

LGエナジーソリューションが、オーストラリアの鉱山会社インフィニティリチウム(Infinity Lithium)と電池用水酸化リチウムの供給覚書を締結した。

28日(現地時間)インフィニティリチウムはLGエナジーソリューションと少なくとも5年間、電池用水酸化リチウム供給に関連した拘束力のない覚書(MoU)を締結したと発表した。

今回の契約に基づいて両社は12カ月以内に関連購買契約を確定する予定であり、5年延長のオプションを含めて5年間固定供給契約を目指しており、最初の期間の水酸化リチウム年間供給量は1万トン以上である。

購入契約が確定されると、インフィニティリチウムは、スペインで採掘された水酸化リチウムを供給する計画だ。インフィニティリチウムは現在、スペイン南西部にあるサンノゼ地域リチウム鉱床の75%を所有している。

インフィニティリチウムがLGエナジーソリューションとリチウム購入契約を確定するには、スペインの当局からプロジェクトの承認を受けなければならない。
 
(参考記事:「「LGエナジーソリューションイノベーションフォーラム」が22日にオンライン開催 参加無料」)
(参考記事:「LGエナジーソリューションが韓国で上場申請 最大約10兆円の企業価値見込み」)
(参考記事:「電池新会社「LGエナジーソリューション」が公式発足…LG化学の電池部門が分社化」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない