韓国、フッ化水素の対日輸入額が86%減

半導体

韓国、フッ化水素の対日輸入額が86%減

昨年、韓国が日本から輸入したフッ化水素の金額が17年ぶりに1000万ドルを割ったことが分かった。フッ化水素は、日本が2019年7月に輸出規制(輸出管理強化)を断行した3品目のうちの一つだ。

30日、韓国産業省(産業通商資源部)によると、昨年の日本産フッ化水素輸入額は938万ドルで、日本の輸出規制直前である2018年の6686万ドルに比べ86%も減少した。また、2003年以来、17年ぶりに1000万ドルを下回った。今年は昨さらに減少すると予想される。

韓国企業であるソルブレインが高純度フッ酸液の生産を拡大し、SKマテリアルズが高純度フッ化水素ガスの量産に成功しており、中国、台湾、米国などからの調達比重も増えている。
 
(参考記事:「韓国SKの半導体工場でフッ化水素の事故発生…火傷など3人負傷」)
(参考記事:「韓国与党幹部、サムスンのフッ化水素再利用等を評価…「名分と実利の両方で韓国の勝利」」)
(参考記事:「サムスンがフッ化水素を再利用か…使用量最大9割減?」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない