韓国副首相「二次電池の専門人材1,100人を毎年養成する」

EV電池

韓国副首相「二次電池の専門人材1,100人を毎年養成する」

韓国のホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官が1日、「二次電池の原材料や素材の確保など、安定サプライチェーンを構築し、年間1,100人以上の専門人材を養成する」と述べた。

ホン副首相はこの日、第12回イノベーション成長BIG3推進会議を開き、二次電池や半導体などの国家戦略技術に関する懸案を点検した。

ホン副首相は、二次電池産業で韓国が世界市場の44%を占めているが、最近、グローバル競争力が本格化していると述べた。ホン副首相は、2030年に、次世代二次電池の1等国家を達成するため、「次世代二次電池技術、二次電池用素材・部品・装置要素技術の確保、リチウムイオン電池秒差技術力の確保など、大規模な官民のR&Dを推進する」と明らかにした。

中核企業を育成し、1100人以上の専門人材も養成する。使用後の二次電池の需要市場創出支援、公的需要 – 民間新市場などの需要基盤強化と、二次電池関連サービス産業(BaaS:Battery as a Service)の発掘など、産業領域の拡大する方針だ。このような内容は、「2030二次電池産業の発展戦略」を通じて具体内容が公開される。
 
(参考記事:「[特集]韓国がエンジン車偏向の部品企業1,000カ所について次世代車向け転換を支援」)
(参考記事:「[特集]韓国の半導体産業の競争力診断…専門家100人アンケート調査」)
(参考記事:「韓国ガス安全公社が「半導体特殊ガス取り扱い実務過程」開設…若者育成」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない