SKハイニクス、キオクシア上場で1760億円回収か…インテルNAND事業買収に使用?

半導体

SKハイニクス、キオクシア上場で1760億円回収か…インテルNAND事業買収に使用?

キオクシアの株式公開によって、同社株を大量保有するSKハイニクスが1.8兆ウォン(約1760億円)の収益を上げるとの見方が出ている。

SKハイニクスは、米国の大型プライベートファンド(PEF)ベインキャピタルを中心に構成された日米韓コンソーシアムを通じて4兆ウォンをキオクシアに投資している。

SKハイニクスは、去る4月に行われた第1四半期の発表カンファレンスコールで、「当初の計画では、キオクシアのIPO以降、LP持分については市場に売却する計画であり、残りの15%の株式(CB)は、キオクシアとの戦略的協業関係を維持するために、中長期的に保有するつもりだった」と明らかにしている。

チョソンビズは、SKハイニクスがキオクシア上場で回収した資金をインテルのNAND事業買収に使用するとの見方を示している。
 
(参考記事:「SKハイニクス「キオクシアは今年下半期にIPOすると聞いた…投資分は徐々に売却」」)
(参考記事:「「キオクシアへの投資資金を回収する考えない」SKハイニクス社長」)
(参考記事:「インテル事業買収の司令塔、SKハイニクスの副会長に就任」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない