サムスンの4~6月暫定実績、市場予想超える…営業利益が前年同期比53%増

企業

サムスンの4~6月暫定実績、市場予想超える…営業利益が前年同期比53%増

サムスン電子は7日、第2四半期(4~6月)の暫定実績を発表した。連結基準で売上が63兆ウォン(約6.1兆円)、営業利益が12.5兆ウォン(約1.2兆円)だった。

前期比売上高は3.65%減少し、営業利益は33.26%増加。前年同期比の売上高は18.94%、営業利益は53.37%増加した。

市場予想値を超える実績であることから、韓国各紙はアーニングサプライズと報じている。

暫定実績は韓国採択国際会計基準(IFRS)に基づいて推定した結果であり、まだ決算が終了していないが、投資家の利便性を支援する目的で提供されるものである。サムスン電子は2009年7月から、韓国企業として初めて四半期の業績予想を提供し、2010年にIFRSを適用した。
 
(参考記事:「サムスン電子、3ナノ半導体「GAA」新工程のテープアウトに成功か…韓国紙報じる」)
(参考記事:「サムスン電子が2021年サステナビリティ報告書を発刊 遵法や社会責任強調」)
(参考記事:「サムスン電子「DRAMとNAND型を一つのチップに収めたuMCP新製品」発売」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない