サムスンSDIがステランティスとの合弁協議中か 米に30GWH規模工場設立案…韓国紙報じる

EV・バッテリー

サムスンSDIがステランティスとの合弁協議中か 米に30GWH規模工場設立案…韓国紙報じる

サムスンSDIが米国3位の自動車メーカーであるステランティスと米国内に合弁会社設立のため協議中であるとの報道が出ている。

東亜日報は7日、バッテリー業界への取材をもとに、「サムスンSDIとステルランティス幹部は先月中旬、ステルランティス本社があるオーバーンヒルズで会談を行うなど、両者の交渉を通じて詳細を調整中だ」とし、「3兆ウォン(約2900億円)台に達する合弁工場の詳細内容は確定していない」と報じた。

同紙によると、ステランティスはLGエナジーソリューションやSKイノベーションとも交渉したが、現在はサムスンSDIのみと交渉中であるとの業界関係者のコメントを伝えた。

ステルランティスは、グローバル4位の自動車メーカーであり、米国第3位の自動車企業だ。今年1月にフィアットクライスラー(FCA)とプジョーシトロエングループ(PSA)の合併によって誕生した。プジョー、シトロエン、フィアット、クライスラー、ジープ、マセラティなどのブランドを抱えており、世界市場シェアは約9%に上る。

東亜日報は、「サムスンSDIとステルランティスが合弁設立に最終合意すれば、米国の約30GWh規模の工場設立に乗り出すことが分かった」と伝えた。 30GWhは、電気自動車1台あたりのバッテリーの需要を70KWhと仮定したとき、約43万台に相当する。
 
(参考記事:「韓国産業省長官、二次電池産業支援の特別法制定を強調…サムスンSDIなど訪問」)
(参考記事:「「(電池素材大手)エコプロビーエムはサムスンSDI、SKイノへの新規素材供給で成長期待」韓国証券社」)
(参考記事:「サムスンSDIがフォトレジストの開発に着手か…韓国紙報じる」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない