LG電子の4~6月暫定実績、営業利益が12年ぶりの最大額を記録

企業

LG電子の4~6月暫定実績、営業利益が12年ぶりの最大額を記録

スマートフォンを捨て、テレビ・家電がリードした…LG電子、第2四半期の営業利益が12年ぶりに最大

LG電子は今月7日、今年第2四半期の暫定実績を発表し、売上が17兆1101億ウォン(約1億6600億円)、営業利益1兆1128億ウォン(約1100億円)を記録したと明らかにした。昨年第2四半期に比べ、売上は48.4%、営業利益は65.5%増加した。売上高は今までの第2四半期の中で、最高記録だ。またLG電子が、第2四半期に営業利益が1兆ウォン(約1000億円)を超えたのは12年ぶりだ。

これに先立ち、証券業界は、LG電子が今年第2四半期の売上16兆9740億ウォン(約1兆6400億円)、営業利益1兆1237億ウォン(約1100億円)を記録するものと予想したが、同日LG電子が公開した暫定実績は、売上は予想値を上回り、営業利益はやや低かった。

産業別の詳細実績は公開されなかったが、業界ではLG電子の好実績が、洗濯機や冷蔵庫などを含むH&A(Home Appliance & Air Solution)事業本部と、テレビなどを含むHE(Home Entertainment)事業本部から出たものと見ている。
 
(参考記事:「LG電子が米など11カ国にクラウドコールセンターを導入」)
(参考記事:「LG電子、AI搭載のデジタルX線検出器を発売」)
(参考記事:「LGとマグナのパワートレイン合弁会社が来月発足 CEOはLG電子から選出か…韓国紙報じる」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない