サムスンのDRAM世界シェアが41.2%に 前四半期比で小幅上昇

半導体

サムスンのDRAM世界シェアが41.2%に 前四半期比で小幅上昇

サムスン電子の第1四半期(1~3月)メモリー半導体シェアが直前四半期より小幅上昇したことが分かった。

聯合ニュースなどは9日、オムディアの調べをもとに、今年第1四半期のDRAMのシェアにおいて、サムスン電子が41.2%で1位を占めたと報じた。これは昨年第4四半期(10~12月)より0.02%ポイント上昇した数値だ。

サムスン電子のDRAMのシェアは過去2019年第3四半期に44.4%を記録した後、昨年第4四半期までの5四半期連続下落したが、今年第1四半期に再び反騰した。

続いてSKハイニクスは28.8%のシェアで2位となり、アメリカのマイクロンテクノロジーが24.3%で3位を記録した。

SKハイニックスは昨年第4四半期(29.3%)よりもシェアが小幅下落し、マイクロンは昨年第4四半期と同レベルを維持した。

聯合ニュースによると、業界のある関係者は、「シェアの1、2%は会社の供給方針に基づいて容易に変えることができる数値で、サムスン電子がメモリー市場ではまだ高い市場支配力を示している」とし、「第2四半期から半導体スーパーサイクルが本格化した中でのシェアの数値も変動が予想される」と述べたという。
 
(参考記事:「サムスン電子「DRAMとNAND型を一つのチップに収めたuMCP新製品」発売」)
(参考記事:「マイクロンのDRAM技術追撃に韓国半導体業界が恐怖?韓国紙報じる」)
(参考記事:「サムスンなどDRAM3社、米で集団訴訟受ける…価格談合疑い」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない