サムスンDがOLEDパネル出荷量目標を上方修正か・・・韓国紙報じる

ディスプレイ

サムスンDがOLEDパネル出荷量目標を上方修正か・・・韓国紙報じる

ノートPC市場の成長が持続している中、OLEDパネルの搭載も増えていることが分かった。

13日、韓国メディア・ニューデイリー経済によると、サムスンディスプレイは、今年のノートパソコンOLEDパネル出荷量の目標値を既存の400万台レベルから550万〜600万台で、約42%上方修正したと伝えられた。

先にサムスンディスプレイは、10種類以上の様々な製品を披露し、ノートPC市場の攻略に乗り出した。製品ポートフォリオを拡大する一方で、非対面・ハイスペックの需要の増加などの肯定的な市況に支えられノートパソコン用OLEDの販売量が昨年より5倍以上増加するとの観測だ。

キム・ヒョンス=ハナ金融投資アナリストは、「サムスンディスプレイの第1四半期のノートOLEDは、すでに110万台が出荷された」とし「主な顧客社ASUS、サムスン電子、HP、レノボ、デルなど主要PCメーカーがすべて含まれており、これにより、今後の構造的な前方需要拡大が可能だろう」と分析した。

同紙によると、業界関係者は「サムスンディスプレイの立場では、中国のパネルメーカーの低価格モバイルフレキシブルOLEDパネルの生産量増加の過程で、そのリジッドOLEDパネル価格競争力が損なわれている」とし「これのノートパソコンなどのIT市場でリジッドOLED前方需要を創出していきている」と述べた。
 
参考記事
サムスンディスプレイ、OLED技術による温室効果ガス排出削減をアピール
サムスンディスプレイ、低電力OLEDを中国オッポなどに供給
サムスンディスプレイ、ASUSログフォンに6.78インチOLED供給


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない