LGディスプレイの上半期営業利益が1兆ウォン超えか OLED好調で4年ぶり大台に

ディスプレイ

LGディスプレイの上半期営業利益が1兆ウォン超えか OLED好調で4年ぶり大台に

LGディスプレイがOLED(有機発光ダイオード)の業績好調を基に、4年ぶりに上半期の営業利益が1兆ウォン(約960億円)を記録する見通しだ。

韓国メディアなどによると、LGディスプレイの2021年第2四半期の営業利益コンセンサス(証券会社の見通し平均)は5195億ウォン(約500億円)であると伝えられた。

LGディスプレイはこれに先立ち、今年第1四半期は5230億ウォン(約500億円)の営業利益を記録している。第2四半期にもコンセンサス通りに業績を上げれば、上半期だけで1兆ウォン以上の営業利益を達成する。営業利益が1兆ウォンを超えるのは、同社がLCD(液晶ディスプレイ)パネルで好調だった2017年上半期以来、4年ぶりとなる。

韓国メディアなどによると、LGディスプレイは昨年7月、大型OLEDパネルを生産する中国・広州工場が量産体制に突入して以降、月6万枚のパネルを生産している。坡州工場の生産物量まで合わせると、1カ月の生産能力は14万枚規模だ。

広州工場の場合、市場状況を考慮し、生産能力を月9万枚まで増やす計画だ。LGディスプレイは今年800万台のテレビ用OLEDパネルの出荷を目標にしている。

さらにLCD事業もIT用製品を中心に構造改革に成功しており、テレビ用パネルは、単価上昇によって大きく貢献している。P-OLED(プラスチックOLED)でも、車両用パネルを中心に90%以上の市場シェアを維持し、年間営業利益の黒字転換が予想される。
 
参考記事
LGディスプレイ、鉄道用の透明OLEDパネルを発表…特殊強化ガラス適用
ソリュース先端素材、LGディスプレイに「正孔輸送層」を量産供給と発表
LGディスプレイ、革新的なOLEDデザインを発掘


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない