韓国証券社、エコプロビーエムの実績見通しを上方修正 SKイノのフォード電池供給など好感

EV電池

韓国証券社、エコプロビーエムの実績見通しを上方修正 SKイノのフォード電池供給など好感

ユアンタ証券は15日、エコプロビーエムの投資レポートを発表し、22年、23年の業績推定値を大幅に上方修正した。

キム・グァンジン研究員は、同社の目標株価を既存の25万ウォン(約2万4千円)から39万ウォン(約3万7千円)に+56%上方修正すた。 22年と23年の予想支配株主純利益の推定値を従来比+49.6%、+102.1%上方修正した。「国内バッテリー3社のうち2社(SKイノベーション、サムスンSDI)の正極材のメインベンダーとして、今後の市場の期待値を大幅に上回る成長を見せると判断」したとキム研究員は述べた。

キム研究員は、「下期からSKイノベーション(以下SKI)を通じてフォードF150ライトニング用NCM9.5.5供給予定」であるとし、「通常2種類の正極材を交えてセルを製造するが、ピックアップトラックの特性上同社NCM9.5.5素材単独使用が有力」であると述べた。

続けて、「また、100kWh大容量バッテリーが搭載されるので素材使用量も高いこと。 これにより、サムスンSDIに続き、SKIメイン正極材ベンダーとして浮上する予定」であるとし、「フォード向けの供給のための大規模受注の可能性が高い。 昨年公示したSKI向けの2.7兆ウォン(約2588億円)供給契約は、今年末まで1兆ウォン(約958億円)の売上認識を予定しており、ほとんどが現代(ヒョンデ)・起亜(キア)向けであることを勘案すれば追加受注が必要」であると分析した。また、「SKIのフォード向けの受注残高は今後6~7年間で約500GWh水準と推定されるため、同社は10兆ウォン(約9584億円)近い受注が可能と判断」したと述べている。
 
参考記事
SKイノ、フォードのEVに「9½½」電池を供給か
[特集]フォードとSKイノがEV電池生産で合弁…米欧中での生産で25年190Gwh能力確保へ
「(電池素材大手)エコプロビーエムはサムスンSDI、SKイノへの新規素材供給で成長期待」韓国証券社


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない