スマホ市場でシャオミが2位に浮上 1位サムスンと2%差に

その他

スマホ市場でシャオミが2位に浮上 1位サムスンと2%差に

シャオミアップルを抜き、グローバルスマートフォン市場で2位に上がったことが分かった。

韓国メディアはカナレスの調査結果をもとに、第2四半期のグローバルスマートフォン市場でシャオミがシェア17%を占め、14%のアップルを抜いて2位を記録した16日に明らかにした。

1位は19%を占めたサムスン電子だった。 4位はオッポ(10%)、5位はビーボ(10%)だった。

前年同期比成長率はシャオミの83%が最も高く、次いでオッポとビーボがそれぞれ28%、27%であった。サムスン電子は15%、アップルは1%であった。

カナレスは「小米科技の次の目標は、サムスン電子を抜いて世界最大のスマートフォンメーカーになること」と分析している。
 
参考記事
ベトナムのスマホ市場…サムスンが1位、オッポが2位、アップルは急浮上
世界第2位のインドスマホ市場、サムスン2年ぶり首位(四半期基準)
世界スマホ市場、ファーウェイ減少分をシャオミが食う…首位はサムスン


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない