CATLの時価総額が22兆円を突破 上半期62%急騰

EV電池

CATLの時価総額が22兆円を突破 上半期62%急騰

電気自動車メーカー·テスラのバッテリー供給会社·CATLの時価総額が1兆3000億元(約22兆524億円)を突破したと、米紙ウォールストリートジャーナルが16日(現地時間)付で報じた。

15日まで深圳ン証券取引所に上場しているCATLの上半期株価は62%急騰し、同日の終値でCATLの時価総額は1兆3200億元(約22兆3892億円)を達成した。

CATLは時価総額1兆元(約16兆9615億円)を突破し、A株(中国本土の証券市場に上場した銘柄)上場企業のうち時価総額で3位となり、チャスダック(中国のIT技術株中心の取引所)で上場した企業の中で初めて時価総額1兆元(約16兆9615億円)を突破した。

先月29日、CTALとテスラは新規バッテリー供給協約を締結し、2022年1月から2025年12月までテスラにバッテリーを供給すると明らかにした。

昨年CATLの総利益率は28%、第1四半期の純利益は前年同期比200%増の19億5000万元(約3438億ウォン、約331億円)を記録した。
 
参考記事:「CATLが15分充電400km走行の急速充電技術開発」中国メディア
参考記事:世界EV電池市場、2・3月はLGが1位か…1~3月集計ではCATL1位
参考記事:EV電池1位の中国CATL、コンゴのコバルト鉱山を買収


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない