半導体不足、スマホ製造にも影響か サムスン出荷量2割減の見方…WSJ報じる

スマホ

半導体不足、スマホ製造にも影響か サムスン出荷量2割減の見方…WSJ報じる

世界的な半導体チップ不足の影響でがスマートフォン製造業界にも徐々に影響が現れていると、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が19日(現地時間)報道した。

WSJ報道によると、スマートフォンメーカーは主要部品を半年分ほど事前購入してきた慣行から、自動車や家電メーカーとは異なり、これまでの半導体チップ不足の影響から免れていたが、現在は在庫が底を見せているという。

これにより、一部のメーカーはすでに生産を減らしており、かなりのレベルの製品価格引き上げも行われているとWSJは伝えた。

例えば、サムスン電子の第2四半期スマートフォン出荷量が前期より20%ほど減ると推定されている。

また、Googleがスマートフォンピクセル5aを、米国と日本だけで発売する方向であり、シャオミが3月にインドで発売した新製品レッドミノート10の価格を今月8%上げたという。

市場調査会社のカウンターポイントは、第2四半期の全世界のスマートフォン出荷台数は前期より10%減少すると推定している。
 
参考記事:サムスンの「Galaxy ZFold3」と「Galaxy Z Flip3」 前作より価格大幅引き下げか
参考記事:半導体不足で「Galaxy S21」の生産にも支障か…サムスンファウンドリにも注文殺到?
参考記事:Galaxy S21 FEの発売は9~10月、価格は7万円前後? 韓国紙報じる


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない