サムスン電子イ・ジェヨン副会長の仮釈放案 肯定回答が3分の2に

企業

サムスン電子イ・ジェヨン副会長の仮釈放案 肯定回答が3分の2に

国政壟断事件で拘束されたイ・ジェヨン=サムスン電子副会長が8・15光復節に仮釈放される可能性が取り沙汰されているが、韓国民の3人のうち2人が賛成するという世論調査の結果が出た。

26日リアルメーターによると、全国18歳以上の500人を対象に調査した結果、イ副会長の光復節仮釈放について「経済活性化のためにしなければならない」との回答が66.6%に上った。 否定的な回答は28.2%であった。

支持政党別で見ると、最大野党「国民の力」支持者の93.6%が仮釈放に賛成し、反対はわずか3.7%であった。無党派層は79.6%が賛成し、反対は17.1%であった。与党「共に民主党」支持者では、仮釈放に反対するという意見が51.8%で賛成40.5%より多かった。

年齢別の仮釈放賛成の割合は、70代以上(85.7%)、60代(81.7%)、50代(67.8%)、18~29歳(65.2%)、30代(53.6%)、40代(51.6%)の順であった。今回の調査の標本誤差は95%信頼水準で±4.4%ポイントだった。
 
参考記事:韓国大統領がサムスン総帥の赦免に言及「半導体産業の競争力を高める必要性あるのは事実」
参考記事:韓国法務部が服役中のサムスン総帥に就業制限通知…引退の可能性が浮上
参考記事:懲役判決のサムスン総帥が「獄中経営」を実行か?


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない