サムスン、LTE通信対応の「Galaxy Book Go」を発売

その他

サムスン、LTE通信対応の「Galaxy Book Go」を発売

サムスン電子がノートパソコン「ギャラクシーブックGo(Galaxy Book Go)」を27日に国内発売すると発表した。

「ギャラクシーブックGo」は、LTE移動通信を通じた自由な接続、持ち運び性、ギャラクシー機器間の連動を通じて強化された使いやすさをサポートするのが特徴である。価格は58万9600ウォン(約5.5万円)だ。

ギャラクシーブックGoは、LTE移動通信サポートにいつでもどこでも自由にデータ通信に使用することができ、無線LAN(Wi-Fi)がないところや、外出先でもオンライン授業を聴いたり、業務処理を行ったりすることができる。 Wi-Fi接続が可能な場所を見つける間を軽減し、無線LANに比べ高い安全性を提供し、安心して使用することができる。

14型ディスプレイを搭載したギャラクシーブックGoは、14.9mmのスリムな厚さと1.38kgの軽量で、片手でも手軽に持ち上げ、バッグの中にもすっぽり入り、携帯性も備えている。 180度ヒンジを適用して、会議などで大勢が同時にノートパソコンを広げて見なければならないシチューエションでも便利である。

ギャラクシーブックGoは、スマートフォン・タブレット・ウェアラブルなどギャラクシー機器間簡単かつ迅速な連動で学習や業務の効率を最大化してくれる。他の人にファイルを共有したいときはメッセンジャーやメールを通じて「クイックシェア」機能を活用すればよい。ネットワーク接続がなくてもノートパソコン・スマートフォン・タブレットなどで急速に共有することができる。

最新のギャラクシータブS7シリーズタブレット(ギャラクシーS7・S7 +・S7 FE)をノートパソコンと連動して、デュアルモニタとして使用することもできる「セカンドスクリーン」にも対応する。ギャラクシーブックGoオンライン授業を聞くときは、タブレットの「サムスンノート」アプリを活用して筆記を行うことができ、会議や発表時には、タブレットに同じ画面を複製してデータを共有することができる。

ギャラクシーブックGoは、スナップドラゴン2世代7Cプロセッサを搭載し、滑らかな使用経験を提供し、43.2Wh電池を適用して一回の充電で最大18時間まで使用することができる。米国国防総省軍用規格(MIL-STD-810G)の高温・低温・熱衝撃・振動・高度・湿度基準を通過して、耐久性も備えている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない