SKハイニクス、3年ぶりに売上10兆ウォン超える

企業 半導体

SKハイニクス、3年ぶりに売上10兆ウォン超える

SKハイニクスが3年ぶりに売上高10兆ウォンを越えた。営業利益は、前期より103%増加した。

SKハイニクスは、今年第2四半期の売上高が前年同期比20%増の10兆3千217億ウォン、営業利益は38%増の2兆6千946億ウォンを記録したと27日明らかにした。純利益は57%増の1兆9千884億ウォンである。

SKハイニクスは、今年の初めから改善され始めたメモリ市場業況が第2四半期にも継続され四半期の売上高が2018年第3四半期以来となる10兆ウォンを越えたと述べた。

SKハイニクスは、PC・グラフィック・コンシューマー用メモリの需要が大幅に増え、サーバー用メモリ需要も回復したことが業績の改善を導いたと説明した。また、10ナノ級2世代(1y)と第3世代(1z)DRAM、128段のNAND型フラッシュなどの先端プロセス製品が販売増え、コスト競争力も上がった。売上高は前四半期比で22%、営業利益は103%増加した。

SKハイニクスは、今年下半期にも需要が持続して増加し、メモリ市場が良い流れを継続するものと予想した。特にNAND型フラッシュは、大容量を搭載したモバイルの新製品発売で、企業向けSSDの需要もさらに増えるものと予想した。

SKハイニクスは今年の下半期にD-RAMでの技術競争力を維持し、NAND型フラッシュでは、収益性を高めるために集中する計画だ。

DRAMは64GB以上の大容量サーバーDRAMの販売を増やしていく。また、EUVを活用して量産を開始した10ナノ級4世代(1a)DRAMを顧客に供給してDDR5も下半期に量産すると同社は説明した。
 
参考記事:SKハイニクス、EUV活用10ナノ級4世代DRAMを本格量産
参考記事:SKハイニクス、キオクシア上場で1760億円回収か…インテルNAND事業買収に使用?
参考記事:SKハイニクス、M16工場に約782億円規模の設備投資を断行か


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない