サムスンSDI、4~6月実績が市場予想上回る。EVバッテリー事業が黒字化

EV電池 企業

サムスンSDI、4~6月実績が市場予想上回る。EVバッテリー事業が黒字化

サムスンSDIが今年第2四半期(4~6月)に四半期ベースで過去最高の売上高を記録して、電気自動車のバッテリー事業は黒字を記録する好実績を達成した。

サムスンSDIは、連結ベースで今年第2四半期の営業利益が2千952億ウォン(約281億円)で、前年同期比184.36%増加したとの暫定集計を27日公示した。市場予想を上回った。

売上高は3兆3千343億ウォン(約3200億円)で、前年同期比30.32%増加し、四半期の売上高に過去最大であると同社は説明した。

サムスンSDIは、特に第2四半期に電気自動車バッテリー事業が黒字転換に成功した。サムスンSDIによると、電気自動車のバッテリー事業で、第2四半期に有意な規模で黒字を出し、第1四半期の赤字を相殺し、1・第2四半期合算でも黒字を達成したと伝えられた。

エネルギー貯蔵装置(ESS)は、アメリカの電力用のプロジェクトを中心に売上高が増加した。

小型電池事業部門は、新規電気自動車用のプロジェクトの供給が増加し、円形電池の売上高が拡大し、フラッグシップスマートフォン用パウチ型電池の売上高も増加した。

電子材料の売上高は、6千225億ウォンで、前年同期比2.4%減少したが、前四半期比で8.0%増加した。

前四半期と比較して、半導体材料は、堅調な売上高の成長を継続した、OLED材料は、スマートフォンの需要拡大に売上高が増加した。偏光フィルムも大型LCD TVの需要拡大に売上高が増加した。
 
参考記事:サムスンSDIがステランティスとの合弁協議中か 米に30GWH規模工場設立案…韓国紙報じる
参考記事:韓国産業省長官、二次電池産業支援の特別法制定を強調…サムスンSDIなど訪問
参考記事:「(電池素材大手)エコプロビーエムはサムスンSDI、SKイノへの新規素材供給で成長期待」韓国証券社


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない