電池黒字化のサムスンSDI、米現地にEV電池工場を設立へ

EV電池

電池黒字化のサムスンSDI、米現地にEV電池工場を設立へ

サムスンSDIが今年第2四半期に四半期ベースで過去最高の売上高を記録し、電気自動車のバッテリー事業で黒字を記録した。

サムスンSDIは、電気自動車のバッテリー事業が本格的な収益成長軌道に入ったことから、米国に新規バッテリー工場を新設する計画であると正式に発表した。連結ベースで今年第2四半期の営業利益が2千952億ウォンとなり、前年同期比184.36%増加したとの暫定集計を27日公示した。

サムスンSDIは、第2四半期に電気自動車のバッテリーが含まれるエネルギー事業で前年同期比約2千536%多い1千687億ウォンの営業利益を出した。

サムスンSDIは、電気自動車のバッテリー事業で、第2四半期に有意な規模で黒字を出し、第1四半期の赤字を相殺し、第1・第2四半期合算でも黒字を達成したと発表した。

サムスンSDIは、2025年から米国でUSMCAに基づいて電気自動車の部品の現地生産が避けられないという点を考慮し、米国現地に電気自動車バッテリー工場を設立すると発表した。
 
参考記事:サムスンSDI、4~6月実績が市場予想上回る。EVバッテリー事業が黒字化
参考記事:サムスンSDIがステランティスとの合弁協議中か 米に30GWH規模工場設立案…韓国紙報じる
参考記事:「(電池素材大手)エコプロビーエムはサムスンSDI、SKイノへの新規素材供給で成長期待」韓国証券社


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない