SKイノベーション、ESGレポートを充実化し再発行

その他

SKイノベーション、ESGレポートを充実化し再発行

SKイノベーションは、持続可能報告書「ESGレポート」に拡大発行すると28日に明らかにした。

SKイノベーションはESGレポートに、ESG(環境・社会・ガバナンス)の各項目別経営の現状について、以前よりも詳細で、実質的な情報を盛り込んだと説明した。

SKイノベーションは、この報告書でESG経営を3段階に区分し、自社が2段階である「実行・成果の創出」の段階にあると独自に分析した。加えて、各項目別実践方案などをレポートに提示した。

SKイノベーション理事会の傘下に新設されたESG委員会キム・ジョングァン委員長は「持続可能性報告書をESGレポートに拡大改編したのは、会社と取締役会のESG経営への強い意志」とし、「ESGの観点から利害関係者とのコミュニケーションのための基本データでさらに発展させる」と述べた。

キム・ジュン総括社長はESGレポートの挨拶において、「親環境中心とした社会・経済パラダイム転換のような巨大な波は、危機であり、機会」とし「今後、以前とは次元が異なる全面的革新を推進し、会社と社会の持続可能性を一緒に作っていく」と強調した。
 
参考記事:ポスコケミカル、ESGの成果を盛り込んだ企業市民報告書を発刊
参考記事:LG化学、ESG有望企業発掘のため146億円投資…EV電池素材の製造や再生など対象
参考記事:[特集]ESG経営ができない韓国企業は存続できない?韓国の経団連が警鐘


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない