サムスンの半導体ライン、ガス供給問題で一時稼働停止に すぐに復旧…韓国紙報じる

半導体

サムスンの半導体ライン、ガス供給問題で一時稼働停止に すぐに復旧…韓国紙報じる

昨年夏に稼働を開始した京畿道平沢にある世界最大規模のサムスン電子半導体ラインが27日の夕方に、ガス供給問題で稼動を停止したこと韓国各紙が報じた。

報道によると、サムスン電子平沢P2ラインが前日の夕方6時頃、窒素(N2)ガスの供給に支障が生じ稼動が全面中断された。間もなく再稼働したものの、半導体工場は短時間であれば稼働を止めることの損失は少なくないというのが専門家の一般的見方だ。

平沢P2ラインは、サムスン電子が昨年本格稼動を開始した最新の半導体ラインである。延べ面積12万8900㎡、サッカー場16個分のサイズで、世界最大規模だ。特に平沢P2ラインは極紫外線(EUV)DRAMとNAND型フラッシュ、5ナノメートル(nm・1nmは10億分の1m)以下の超微細システム半導体受託生産(ファウンドリー)まで備えた複合ラインである。
 
参考記事:サムスン平沢工場でコロナ感染者 EUVライン増設現場
参考記事:サムスン電子、本拠地に半導体工場さらに3か所建設か


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない